ヒーリングセミナー「ヒーリング入門」

2008年度のヒーリングセミナー「ヒーリング入門」を開催します。
■基本コンセプト
人は全てヒーラーであることを思い出す
今回のヒーリングセミナーはヒーリングが職業的に関係ある・ない問わず受講できる内容です。
ヒーリングに興味のある、どんなものか知りたいという方も参加できます。
■内容
2007年度のヒーリング1とヒーリング2を合わせた内容になります。
ヒーリング1・2では、アチューメントを用いないヒーリングのメソッドを習得します。
人には、元来ヒーリングする力があり、アチューメントをしなくても、ヒーリングが出来ることを、学習と実践で学びます。アチューメントをするヒーリングについては、このセミナーの後続講座として実施します。
既に、レイキなどのアチューメントを受けている方でも参加できます。
(1)ヒーリングとは何か
 ヒーリングの種類、人体システム
(2)オーラ・チャクラ
 オーラとは何か、チャクラとは何か
 オーラを感じる実習、チャクラを感じる実習
(3)ヒーリング実践のため知っておくべきこと
(4)ヒーリングエネルギーの解説
(5)ヒーリング実践
 ヒーリング実習
■日時
2008年4月6日(日曜日)
12:00~17:00
■定員
10名 (満員になりました)
■場所
神楽坂セラピースペースパレット
http://ts-palette.com/map.html
■金額
2万5千円
当日受付時に、現金で支払い。
■申込
以下の申込フォームから申込してください。
http://form1.fc2.com/form/?id=145197

コメント

  1. はぁぷ より:

    八雲さま
    昨日ヒーリングセミナーに出席したものです。楽しい時間をすごさせていただきありがとうございました。
    オーラの輪郭等普段感じることのない感覚が少しでも感じられて良かったです。
    質問なのですが、講義の中でちらっとでていたのですが、8月1日の日食とその後の月食が済めば先行きの見通しが見えてくるというか将来設計がしやすくなるのでしょうか。
    それから、用事があって途中で離席してしまってその後のヒーリングの実習の内容がわからないので質問します。
    ヒーリングのときにヒーリーのエネルギーを受けない方法や、自分のエネルギーをとられない方法もやったのでしょうか。
    また、エネルギーを流すときの自分の意識状態あるいは日常生活の意識状態(特に愛情を意識して生活するなど)はよりクリアでヒーリーにとって効果的なエネルギーを流そうとする場合関係あるのでしょうか。

  2. おサルのピーと共に参加した、甘いもの好きな照蓮です。
    八雲さん、ありがとうございました、
    参加者のみなさま、お疲れ様でした。
    今回のセミナーでは、
    おもしろく、とても有意義な時間を過せました。
    オーラの感触などは目に見えないことだけに、
    正解があるような無いようなことだと思います。
    自分でもハッキリしない感覚の目安をその場で示していただき、
    自分で確認できることはとても有益な経験ですね。
    光背とオーラの話、オーラの向かっている方向など、
    小ネタのふりをした大事なお話も、私の概念が拡がるきっかけになり、
    これからの助けになってくれることでしょう。
    今回しっかり実感できなかったことなども、
    練習を積むにつれ、どんどん自分のものになっていくと思うので、
    どしどし実践していきます。
    座学も実践も、どちらもスルメのような素晴らしい内容でした。
    噛めば噛むほど味が出るという意味ですよ(笑)
    でもまだまだ入り口なんですよね~。
    宇宙は巨大なスルメだ…。
    全体の雰囲気もリラックスしていて、
    質問も自由にできたのも良かったですね。
    参加者のみなさまのおかげかと思います。
    楽しい時間をすごせました。
    質問…は、特に無いんですが、
    宇宙と繋がるやり方のもう一つのバージョン、私、あれがいいです(笑)
    自己流でチャレンジしていきまーす。
    輝く闇が呼んでいる(笑)

  3. 匿名 より:

    先生 & 同期受講生の皆様へ
    おはようございます。
    何かと雑事に追われて・・・。
    先日は、大変貴重な御講義を有難うございました。
    それにしても、スピリチュアルな目覚めは、還暦過ぎた小生には、若干、遅かりし・・・の感が有ったようです。/苦笑
    日常、野狐禅的な学びのみでして、なかなか納得の行く学びは出来てはおりませんでしたね。
    幾多の学びの中で、紆余曲折も然りですが、やはり、その道、その道で専門家に、好機指導、助言を仰ぐことは、軌道修正上、賢明な方法ではないかとも思われますが・・・。
    実際、小生の様な年頃(苦笑)、否、小生(の場合に限ってかも?)は、それはそれは既成概念と言うか、巷で言う世間の「垢」がこびり付いて終い、なかなかそれを落とすための作業が至難であります。所謂、ニュートラルな状態に入ることが至難と言う事であります。
    その点、柔軟な志向をお持ちの、(小生から観て、お若い)同期受講生の皆様方が、実に羨ましい限りでしたね。
    実習では、その時、その時、真剣に取り組まれる中で、試行錯誤ながらも、嬉しく、楽しい感覚を味合われていた様にも感じられました。
    小生としても、皆様からの落胆も歓喜も含めて、その一端を頂戴することが出来ました。
    兎にも角にも、全ては「ゼロ」からのスタートです。
    そして、それも、成るように成るでは無く、成るように成って行く様でも有りますが・・・。
    さてさて、同期の皆様方に取りまして、果たして、この講義内容、長く?それとも短く感じられましたでしょうか?
    小生に於きましては、次回予告の、セミナーⅢ、Ⅳに、早くも・・・。
    いやいや、いけませんね! 基礎学のⅠ、Ⅱを、疎かにしてはなりませんでしたね。
    ではでは、取り敢えずは、Ⅲ、Ⅳを念頭に入れて、当面の課題である「セルフヒーリング」に、徹底、精進、自助努力する事と致しましょう。
    重ねて、先生、同期の皆様方、今般、学びの場での同期(シンクロ)させて、御縁を頂きました事、誠に、ありがとうございました。
    取り急ぎ? やや出遅れましたが、受講の感謝、御礼と言う事で・・・。
    拝礼 セントラブハーレムJP

  4. まゆみ より:

    ワークショップ、参加させて頂きありがとうございました。
    ヒーリング実践の時は、1人中々上手に地球の中心と宇宙の根源と繋がらなくて大変でしたが、八雲さんや練習相手をして頂いた方に優しく対応してもらえて感謝でした。ありがとうございました。
    まだ2日ですが、毎日1人ヒーリング練習の日々を過ごしています。
    1つ質問ですが、もしかして休憩の時に話をしていたかもしれませんが、ヒーリングする時、その部屋を綺麗に掃除をしていれば問題はないですか?
    一緒に参加していた方達がとっても良い人ばかりだったので、とても楽しく参加する事が出来ました。ありがとうございました。

  5. hoko より:

    八雲様・参加された皆様
    濃度の濃いワークショップをありがとうございました☆とても楽しかったです。
    個人的にはオーラを感じるのが難しく感じましたが、ヒーリング実践時のヒーラー役の時に美しい色が見えたのが感動でした。これは、以前、櫻子さんからヒーリングを受けた時と同様な印象でした。
    更には、ヒーリーになってくださった方も同じ色が見えていた、とのことから、確かにエネルギーが伝わっていたのね?と実感できて嬉しかったです。
    ただ、帰宅後に凄い疲労で動けなくなりました(笑)これは、ヒーリングをしていただいた好転反応もしくは二度続けてヒーリングを行ったことが原因なのか、繋がり方が良くないのか、教えていただければ幸いです。

  6. 八雲 より:

    はぁぷ さん
    今年は変化の年なので、2月と8月の日食・月食は、大きなな影響力があり、日食・月食が人生の転換点になる人も多く出てきます。
    転換点の手前では、将来展望が見えなくなる・考えがまとまらないなどの状況になるため、将来設計が難しくなります。
    8月の日食・月食を通過すると、大きな変化を超えることになるので、そういった意味では将来を見通しすることが出来やすくなります。
    ヒーリングでは、自分のエネルギーではなく、天・地のエネルギーを使うので、ヒーリーのエネルギー状態を受けない方法になります。
    エネルギーを流す時は、自分の意識や感情を使わない方法になりますので、日常生活の意識状態に影響されない方法を使います。
    照蓮 さん & おサルのピー さん
    宇宙と繋がるもう一つのバージョンは、最初は難しいですが、慣れると面白いですよ。
    また、ヒーリング力もこちらの方が強くなります。
    ただ、イメージするのが難しいので、セミナーではイメージしやすい方法を中心にしています。
    セントラブハーレムJP さん
    スピリチュアルな目覚めに早い・遅いはありません。その人に一番良いタイミングでやってきます。
    今回のヒーリング1・2は今後のヒーリングセミナー3・4に繋がる内容ですので、まずはこちらがきちんと出来るように練習してくださいね。
    まゆみ さん
    今回の参加者の方の中には、レイキなどの他のヒーリングメソッドを経験している方もいたので、初めてのヒーリング体験ではまゆみさんは良く出来ている方ですよ。最初はちょっと難しく感じてしまいます。
    セルフヒーリングは大事なので、続けてくださいね。
    ヒーリングするときの部屋の掃除ですが、綺麗にしておいた方が、よりより結果を生み出すことができますので、掃除してからの方が良いです。
    hoko さん
    ヒーリングが上手くできていると、終了後にすごく疲労感を受けるときがあります。
    これは、ヒーリングが体内の身体的・精神的な浄化を行うために、一度にエネルギーを消費することが原因です。これを一般的には好転反応と言っています。

  7. 八雲 より:

    追記です。
    セミナーの中でオーラとハローについて説明しましたが、こちらのウィキペディアのページでは、頭光(ずこう)と身光(しんこう)という区分で説明していますので、参考にしてください。
    光背(こうはい) (ウィキペディア)
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E8%83%8C

  8. ikesachi より:

    八雲先生&みなさま
    先日はヒーリングセミナーですばらしい体験をさせていただきありがとうございました。
    3次元の体験・・・。
    当日・翌日はキツネにつままれたような変な気分でしたが、だんだんと街を歩いていて、通りすがる人それぞれのオーラはどんなだろう・・・と思うようになりました。
    今まで、なんとなく使っていたオーラという言葉について、実際に触ったり正しく知ることができてきっと一生役に立つ智慧となるでしょう!
    最後にいただいた自分で癒す方法は、天と地とつなげて手を当てるということでいいんですよね?
    ちょっと、やり方に自身がなくてまだできてません・・・。
    実際にベッドでやったヒーリングでは、体調に変化があったのでちょっと受け入れるのに時間が必要でしたが、確実な氣のパワーを実感できて、本当に貴重な体験となりました。
    ありがとうございました。

  9. のの より:

    八雲様、参加された皆様
    おそくなりましたがコメントを書きたいと思います。当日はわきあいあいとした雰囲気でとても楽しく過ごせました。ありがとうございました。
    今回のセミナーでは、天と地のエネルギーを利用したヒーリング方法を学びましたが。正直最初は、うまく天と地を想像できるかなぁ、となんとなく心配でしたが。 やってみたら、意外と楽につながれたのか、いつのまにか無心の状態になっていてとても驚きました。また、なんとなく周囲に自分だけの空間のようなものを感じて(宇宙を感じて?と書くといいすぎかもしれないのですが)、それまた一人でびっくりしていました。
    ヒーリーとなってくれた方には癒されたと言ってもらえたので、それも嬉しかったのですが。実は自分も一緒になって癒されているのもわかり、それもとても嬉しかったです。とても良い方法を学べ、感謝しております。
    オーラについては。自分は、人と相対することが多い職業なのですが。この1週間、メンタルが非常に悪いと感じる方が近づいてくるとそのオーラが悪いというのが感覚的に分かる感じがあり。さらに頭痛まで出てくる、、と、反応している自分がいました。そういう方とは少し距離を置いてお話するように対応してしのぎました。
    今回学んだことで、自分が影響をもらってしまう前に対応できるようになっていける、その最初の感触というものが掴めた気がします。
    ありがとうございました。
    セミナー3,4が楽しみです。

  10. さな より:

    八雲様、参加者の皆様
    私も遅くなりましたが、コメントを書きたいと思います。
    今回のセミナーは、少人数であったこともあり、質問等もしやすく、いろいろな方々とお話ができて楽しく参加することができました。ありがとうございます。
    セミナーの内容も実践を交えての内容で体験をしながら行うため、わかりやすかったです。
    実際にヒーリングを受けたときは、本当に意識が遠のき、終わった後にとても体が楽になっていました。
    ヒーラーとして感じること、つながる事などはうまくできるかわかりませんが、日々の中で訓練していければと思っています。貴重な体験ができたと思っております。
    レイキについてのお話もあったのですが、ほとんどはじめての内容だったので、違いについてはよくわからなかったです。
    是非、次回のセミナーも楽しみにしております。

  11. りゅーと より:

    八雲さん、ヒーリングセミナーありがとうございました。
    予定されていた内容どおり、「ヒーリングとは何か」あるいは「ヒーリングとは何ではないか」をわかりやすくシンプルに教えていただき、とてもすっきりいたしました。また、ヒーリングの実習を行っているときの感覚が、神社で手を合わせているときの感覚と同じような感じで、これでいいんだ、という驚きというか気づきを得られました。
    私はこの4年間、非常に分析的な気の治療を勉強してきていたので、まさに正反対のことを勉強させて頂いている感じでした。ヒーリングのことはまだまだよくわかりませんが、これまでの分析的な方法とどういうふうに折り合いをつけていくのかが課題になりそうです。
    それから、八雲さんにお聞きしたいことが二つ。
     ひとつは他の皆さんと同じく「天・地」のイメージの仕方。私の場合は、チャクラは全く意識しずらく、自分の周りに宇宙空間があり、足元には地球のコアがあるというイメージをしていただけでした。なんというか、自分がそのまま宇宙であり、地球のコアである、みたいなイメージでしょうか(もちろんそのイメージも拙いものですが)。後から考えると、一人違うことをしていたのかなと、、、(^^;
     いまひとつの質問は、どうして天地は人間を癒してくれるのか。あたりまえの前提なんでしょうけど、う~ん、ってかんがえてしまいました。

  12. 八雲 より:

    ikesachiさん
    最後にいただいた自分で癒す方法は、天と地とつなげて手を当てるということでいいんですよね?
    はい、そうです。
    ヒーリングは、自分を癒すより、他人を癒すほうがやりやすいので、セルフヒーリングはちょっと難しく感じてしまうところがありますが、きちんとやれば効果があるので、チャレンジしてみてください。
    ののさん
    天と地(宇宙の中心・根源と地球の中心)は、基本的な事柄を座学した後でやると意外と簡単につながります。前半の座学なしでやるとなかなかうまく繋がりません。
    人によって感じ方や印象は異なりますが、うまく繋がると、自分の周囲が違う空間になります。
    仕事で相手のオーラの影響を受けるというのは、最初は殆どの人がそうなりますが、オーラの影響を受けなくなるようにする方法も今後のセミナーの中でお話する予定です。
    さなさん
    レイキについては、習得(アチューメント)していない人にはちょっと分かり難かったのは、反省しています。今後の話題の中でもレイキについては比較対象として、時々出てくるので、今後はレイキやセラピュータッチなどの他のヒーリング手法の解説も付け加えて行きますね。
    りゅーとさん
    ヒーリングは、最初は感覚的に入って、奥に入ると分析的になって、さらに行くとまた感覚的になるというプロセスで習得するようになります。
    なので、分析的手法とはある意味正反対ではありますが、深く入っていくと両方の手法を織り交ぜて行くことになります。
    私の場合は、チャクラは全く意識しずらく、自分の周りに宇宙空間があり、足元には地球のコアがあるというイメージをしていただけでした。
    その方法でも構いません。チャクラからチューブが延びるイメージが出来にくい場合は、自分の周りに宇宙空間をイメージする方法でも構いません。今回は、4組が同時にセッションする関係で、どちらかというとイメージしやすい人が多い、チャクラとチューブのイメージを使っていますが、自分の周囲に宇宙空間をイメージするほうがやりやすい人の場合は、そちらでも大丈夫です。
    どうして天地は人間を癒してくれるのか。
    基本的に、人は自分を中心で考えてしまいますが、人も地球も宇宙から生まれ出たものですから、宇宙には人の根源的なエネルギーがあり、人をはぐくむ地球にも人の根源的なエネルギーがあるということです。人が自分本来の姿から外れている時に、根源的なエネルギーを取り込むことは人の本来の姿のエネルギーを取り込むということと同じになります。そのためヒーリングが起きるということです。

  13. hitomi より:

    5月22日のヒーリングセミナー参加させて頂き有難うございました。
     次の日から沖縄でとてもハードな生活を送ってきましたが、セミナーの参加者皆様と会場のとても高いエネルギー、そしてワークのヒーリングとで、とても癒され、しっかり充電出来て、沖縄がとても愉しくパワー全快で過ごせて帰ってきました。ありがとうございました。
     オーラ、ハローのエネルギーの高め方、チャクラの開き方、またゆっくり体感してみたいです。

  14. 八雲 より:

    hitomiさん
    遠くからの参加ありがとうございました。
    次回は、練習会や、次のステップのためのセミナーも開きますので、また参加してくださいね。

テキストのコピーはできません。