気象病

気象病(きしょうびょう)というものがあります。
気象の変化:温度や湿度・気圧などの急変、が原因で症状が現れるものです。

基本的には、気象の急変によって自律神経系が不安定になることによって起きるものですが、症状が重い場合は寝込んでしまうこともあります。

この症状は、気象ストレスとも言えるもので、普段から無意識的にストレスをため込んでいる人が起こしやすい症状なのですが、気象病の場合本人がストレスをため込んでいることに気が付かず発症してしまうことが多いです。

症状を改善する為には、規則正しい生活や十分な睡眠が基本ですが、ヒーリングや(エネルギー的な)プログラミングによっても改善できるので、ミネラルウオーターへのヒーリングやプログラミングによって、ミネラルウオーターをヒーリング・ウォーターにすることによって、症状を改善することも可能です。

(参考サイト)

女子力アップNOTE
頭痛、だるい、めまいの症状を引き起こす「気象病」の原因と対策
http://g-po.jp/6454/


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

5月 Zoomスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomに…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。