巡拝中(続き)

一昨日から、山口にいますが、事情 があり、もうしばらく山口に留まることになりました。
その関係で、10月8日(土曜日)と10月9日(日曜日)のカウンセリングは中止になります。申込された方には申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

スケジュール

●スピリチュアル・カウンセリング
6月1日(土)、6月2日(日)
いずれも、13:00 – 17:00 溜池山王

詳細はこちらから(リンク

コメント

  1. miyosi55 より:

    足やっちゃいましたか、お大事に。

  2. 八雲 より:

    miyosi55さん
    包帯ぐるぐるですが、骨折ではなく、肉離れの内出血なので、あと数日で動けるようになる見込みです。
    PCでは写真は小さく表示したのですが、携帯で見ると、でっかく表示されてびっくりです。

  3. のの より:

    八雲さん
    こんばんは縲鰀
    足たいへんですね。
    人って動かなくなるとすぐに筋肉が変性してしまうので。
    右足は努めて動かしておくとか。右足だけベッドからおろして
    重力をかけた状態で伸ばしたり曲げたりとか。(左足はうごかしていいよ縲怩ニ言われる範囲内でしょうね。重力はかけない方がよさそうですけど。血液たまるから。)座位になってすわったりとかしておかれるほうが良いと思われまする縲怐B
    (一応、主治医に確認されてくだされませ。入院中ですよね?
     そのベッドは病院ですよね?)
    おだいじにされてくださ縲怩「

  4. たなか より:

    旅先で怪我というのは、心細いですね。
    どうか早く回復しますように。

  5. みやた より:

    早くよくなりますように。
    思わぬ足止めを食らってしまいましたね。
    これも何か意味のあることなのかな☆
    湯治でごゆっくりと言いたいところですが、しばらくお風呂も無理かなぁ。

  6. みやけ より:

    湯田温泉の近くにいらっしゃるのでしょうか?
    その昔、白狐が傷付いた足を湯田温泉で癒したそうなので…。
    早く良くなります様、どうぞお大事に。

  7. 八雲 より:

    ののさん
    ええ、入院中です( http://www.oka.e-doctor.info/ )転んだときに、右足も傷めたようで、左足をかばっているぶん、右足にも負担がかかるので、右足もちょっとというところです。
    今日は祝日で、診察がないので、明日の診察でリハビリの話もしておきます。ありがとうございます。
    たなかさん
    旅先で怪我というのは、初めてです。
    擦り傷程度なら何度かありましたが。
    みやたさん
    書くと長くなるので、後で書きたいとは思いますが、今回も単なる偶然ではなく、いくつかの要素が重なっておきた事象なので、ある意味必然です。
    もう少し良くなったら、どこかで湯治します。
    みやけさん
    山口市内なので、湯田温泉はすぐ隣です。
    以下は湯田温泉からの引用。
    【湯田温泉、白狐伝説】
    昔々、湯田の権現山の麓の寺に小さな池があった。
    その池に毎晩、傷ついた白狐がやってきて、足をつけていた。
    この様子を見ていた寺の和尚さんが、不思議に思って、その池の水をすくってみると、温かい。
    そこで池を深く掘ってみると、湯がこんこんと湧き、薬師如来の金像があらわれた。
    この仏像は拝んで湯あみをすると難病も治る「白狐の湯」として評判となり、温泉は栄えるようになったという。

  8. ミケニャンコ より:

    大丈夫ですか?
    ずいぶん遠いところで・・・と思ったのですが、生まれたところや、育ったところには近いのですね。
    ゆっくり休めの続きでしょうか。
    早くよくなるといいですね。

  9. 八雲 より:

    ミケニャンコさん
    そうですね。広島生まれ・岡山育ちなので、遠くに来たという感覚はあまりないです。でも東京まで1000Km。
    今回は、強制的に「ゆっくり休め」(命令口調 笑)だったような気がします。

テキストのコピーはできません。