脚の状況(続き)

脚の炎症もだいぶ収まってきたので、状況を少し書いておきます。
原因は、左足の肉離れをしたときに、右足の筋肉も傷めていたのですが、それがここに来て大きくなったのが一番の原因です。詳しくは、右足の指の傷から細菌が入ったのが原因のようで、炎症というよりは、細菌感染といった方が正確なのですが、さすがにその表現だと読んだ人が不安になるので、あえて炎症という書き方をしていました。
神楽坂の皮膚科に行ったら、当院では処置ができないので、大学病院に行ってくださいということなので、そのまま大学病院に行って診察したところ、「本来なら入院だがベッドが空いてないので、通院加療」ということになり、その日から毎日抗生物質の点滴をするために通院していました。その後症状も軽くなって来たので、今日からは点滴ではなく内服薬で自宅療養ということになりました。まだ完全というわけではないですが、今週末の土日のカウンセリングには支障のない程度までは回復しています。
ガイドからも、転換期に入っているため、休みを取ることが必要とは言われていたのですが、休みが必要なのに仕事しようとするから、こういう結果になっているようです。もっとも、強制的に休まされたことで、新たな経験や、気づいたこともあり、これはこれで良かったと思っています。


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。