ネットの占いが当たらないのはなぜ?

ネット上には、沢山の占いサイトがあります。
勉強の為にいくつかのサイトを見てみたことがありますが、自分に当てはめてみると、ほとんど当たりません。

しかし、それらのサイトで提供されているのは、長い歴史を持った占法であることが多いです。長い歴史を持っているということは、それなりに有効な占法であるはずなのに、なぜこんなにも当たらないのでしょうか?

しばらく悩んでいましたが、先日その理由がわかりました。

本来占いというのは、方法論である「占学」を元に人を観るものです。
占いでは「占学」で扱う「象徴」をどう読み取って「解釈」するかが鍵になります。

この「解釈」というのは、万人に共通ではなく、クライアントさん毎に合わせて解釈することが必要になり、これは「占術」の世界になります。

「占術」は理論的に語ることはできない世界で、インスピレーションであり、アナログの世界になります。

つまり、占いにおいては、基礎的な理論である「占学」を元に、クライアントさん毎に現れる「象徴」を、どう「解釈」するのかという「占術」とセットになった時、初めて有効になります。

ネット上の占いサイトでは、この「占術」がすっぽり抜け落ちています。

つまり、人を観ないで「占学」のデータをただ表示しているだけです。
これでは、当たらないのも当然ですね。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

4月のスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomによる遠隔…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。