神は代償を求めない

よくある誤解に、「神が何かを提供するときには代償が必要である」という概念がありますが、これは間違いです。
何かを得る・知るときに、自分のエネルギーを差し出す必要はありません。
なぜかと言うなら、そもそもは「全ては一つ」であり、エネルギーを差し出せば何かを得ることができる関係ではありません。

よくあるのが、「**を得るため(あるいは、知るため)に、神に**を差し出した」というものですが、これは神あるいは、この宇宙の構成というものをよく理解していない概念から発することです。

「全ては一つ」であれば、差し出すとか受け取るという考え方すらありません。

つまり、神は、差し出したり・受け取るという、エネルギーのやり取りという存在ではなく、ただ与える(すべてが一つであれば、与えることは、そのまま受け取るということです)という存在そのものです。


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルの論理的な説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドは沢山のサポートを得ています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。