ヒーリングやエネルギー・セッションで眠ってしまう

今回のワンネス・ヒーリングでも、眠ってしまうという人がいますが、これは良いことです。

眠ってしまうのは、ヒーリングのエネルギーのポテンシャルと、ヒーリングを受ける人が持っている身体のポテンシャルの差が大きい時に起きるものです。

つまり、ポテンシャルの差が大きいと、ヒーリングのエネルギーを受け取るために、身体の機能を低下させる、つまり眠ることで、身体がエネルギー中心のモードになるため、受け取ることができるようになるものです。

身体のポテンシャルが上がれば、眠らずに受け取ることができるようになります。

今回のセッションでも、前段の遠隔ヒーリングのセッションをずっと受けている人は、ワンネス・ヒーリングにおいて、エネルギーを受け取って色々な体験ができる人が多くなっています。

眠ってしまった場合は、身体は休んだ状態で、オーラレベルでエネルギーを受け取っています。

コメント

  1. miyata より:

    私は今回、まさにこれ!でした。
    タイムシフトで寝る前に受け取ったのですが、「受け取ります」の宣言と同時に寝てしまって。。。Σ(;・∀・)
    肉体改造が必要!

  2. フジコ より:

    前回、今回とも寝てしまいました・・。
    それまで起きているのですが、始まって5分くらい(感覚的なので実際の時間はわかりません)でクッと寝てしまい。
    1時間後にいったん目がさめます。
    ここのところ睡眠時間が9時間とかここ数週間10時間とかです。寝れてしまいますので、寝ていますが。
    日常生活に支障をきたしています(苦笑)
    もう少し身体のポテンシャルをあげたいなあ。。

テキスト・画像のコピーはできません。