東北=被災地ではない

東北と言っても、広いです。
なので、東北=被災地ということではありません。
東北道を走ってきたのですが、福島に入ると、地震の名残として、段差や地割れとか、土のうを積んでいる場所や、ブルーシートをかけてる場所などがあり、復旧もまだまだこれからだと思えます。
しかし、普通に生活している場所もあり、東北が全て被災しているわけではなく、被災している場所と、そうでない場所はおおきな違いがあります。
地震による被害は、これまで対策が取られてきたこともあって、意外と少なく。それよりも、津波の被害の方が遥かに大きいという印象です。

コメント

  1. 天空星子 より:

    八雲さま、こんにちは。
    東北へ行ってらっしゃるのですね。
    偶然ながら私も昨日から宮城へ行っておりました。
    仙台市と宮城蔵王の方にある温泉にしか
    足を向けていないため
    津波被災地の状況はわかりませんでしたが
    色々な地元の方達とお話しをさせていただいたり
    バスでの道のりの風景を見てきましたところ
    内陸側の復興は早いように感じております。
    そして仙台市内は活気や笑顔を取り戻してきている
    と感じました。
    しかしこれからも続けてやっていくことだったり
    出来ることは沢山あると思いますので
    私なりに出来ることを精一杯していきたいと感じた
    東北への旅でした。
    お気を付けてお戻り下さいませ。

テキストのコピーはできません。