私鉄は走っているのに、なぜJRは運休するのか?

台風一過

今日、2019.9.9(Mon)は錦糸町丸井の出演日なのですが、昨晩からの台風15号通過により、都内の交通機関は、運休が相次いでいました。

特にJRが運休しているため、都内の公共交通機関は私鉄と地下鉄のみという状態。

池袋駅で、丸の内線待ちの写真がこちら。

人がホームに溢れかえっています。

錦糸町丸井へ

こういう状況ならば、時間を遅らせて昼過ぎから出演すれば良いのかというと、そうも行きません。

錦糸町周辺に住んでいる人が来られる場合、JRの運休とは関係がないので、なんとしても錦糸町丸井まで出かけなければいけません。

池袋から丸の内線→半蔵門線と乗り継いで、錦糸町に15分遅れで到着しました。

幸い、出演時間の11時から12時頃まではお客様は来ていなかったので、15分遅れでもなんとかなりましたが、出勤するだけでずいぶん疲れました。

私鉄は走っているのに、JRは運休する

私鉄は走っているのに、なぜJRは運休するのか?

私鉄は、都内では一つのラインが基本となり、運行もシンプルなので、台風のような時にも、線路点検や運行を行いやすいのに対して、JRは複数の路線が相互に関連しているため、一か所が止まるとそれにつれて他の路線も止めざるを得ない状況になってしまいます。

そのため、私鉄は動いているのに、JRは運休するという状態になってしまいます。

テキストのコピーはできません。