金鑚神社に呼ばれたけれど、着いたのは大宮氷川神社だった

コロナウィルス対策の遠隔ヒーリング、前祈願は2/29に行きましたが、後祈願を3/5に行ってきました。

そもそもの発端はこちらで、

コロナウィルス対策遠隔ヒーリングは二日間の日程を終了しましたが、それに関してなにやら神社に呼ばれているようです。 呼ば...

後祈願に行きなさいということで、「上から2冊目の開いたページ」と言われて、開いた所が本庄市千代田の金鑚神社でした。

ということで、遠隔ヒーリングの翌日に出掛けることになったのですが・・・

3度も足止めをくらう

後祈願として、金鑚神社に向かう為に、東武東上線下りに乗ったらしばらく走って停車。少し経ってからアナウンスがあって、「架線にビニールが掛かっており安全が確認できるまで停車します」。

しばらくすると上り線が一本だけ動いたので、別ルートで行くために、武蔵野線に乗り換えたら、「強風のため速度を落として走行しています」とアナウンスがあって、ゆっくり走行。

埼京線に乗り換えようと駅で待っていると、到着した列車が緊急停止、しばらくアナウンスがなく待っていると「列車の床下にビニールがからまっており緊急停車しました」さらにしばらくして「撤去作業を始めます」、「安全確認ができましたので、停車位置まで電車を移動します」とあって、17分遅れでようやく出発。

あれこれあって、やっと大宮駅に到着したけど、時間は13:30を既に廻っている。強風で止まっている路線(川越線、八高線)もあり、これから本庄市に行くにはちょっと悩ましい。

これまで、全国の神社に行ってるけど、これほど足止めされたのは初めて

積み置きしていた本(リンク)の「上から2冊目の開いたページ」と言われて、開いた所が金鑚神社(本庄市千代田)だったので、呼ばれたには呼ばれたけれど、本当に行くのか?

金鑚神社ではなくて・・・

大宮駅で少しうろうろしていたら、「大宮氷川神社!」とメッセージが降りて来た。

祈願する神社を探していた時に、大きい神社はこれまで何度も行ってるので意識的に外していたのだけど、どうやらそれがいけなかったらしい。

意識的に外していたので、金鑚神社に呼ばれたけれども、それはあくまでも誘い水であり、足止めされるのは、本来行くべき大宮氷川神社に行く為だとすれば、辻褄が合う。

ということで、祈願は大宮氷川神社ですることに。

大宮氷川神社で祈願

大宮駅前からバスに乗って、大宮氷川神社の参道前で下車し、参道に入ります。

二の鳥居まで進んで、

その少し先にある、氷川だんごで休憩。
だんご・酒まん・揚げまんにウメ茶が付いた、氷川セットにしました。

そして、ようやく三の鳥居、境内入口に到着。

境内に入って、天津神社・松尾神社と参拝して、楼門前に。

手前が神楽殿、奥が拝殿と本殿になります。

ところで、左手を見ると、「埼玉の神社 御朱印展」をやっているので、入ってみることに。

なんと埼玉の神社の御朱印が一同に並んでいます。

ここで、呼ばれた金鑚神社(本庄市千代田)の御朱印に出会うことができました。

興味深かったのは、若泉稲荷神社とその兼務社(稲荷神社、金鑚神社(本庄市今井)、角折神社・八郎神社・戸隠神社、飯玉神社)では多忙時でなければ御朱印の書体を、楷書体・草書体・篆書体・隷書体の中から選べるとのこと。

墨書きがなく朱印のみの御朱印を選べる神社もあったり、時期限定の御朱印などもあります。

また、各社の朱印帳の展示(76冊)もあります。

入場無料で4月5日(日)までやっているので、御朱印に興味のある人は行ってみるといいですね。

参拝祈願します

拝殿まで進み、

参加者のリストを目前に置いて、参拝祈願します。

※名前の部分はモザイク掛かっているので、拡大しても文字は読めません

参拝祈願して、ようやく肩の荷が下りました。

この後は、境内の門客人神社、御嶽神社、宗像神社に参拝して終了です。

参加されたみなさん、お疲れ様でした。

コメント

  1. あぐ より:

    八雲さま

    いつもありがとうございます。
    ここまでご丁寧にありがとうございます。
    とてもありがたく、嬉しいです。
    参拝までしていただき、心強い気持ちでいっぱいです。

  2. ならりら より:

    お世話になっております。
    無料の遠隔ヒーリングだけでもありがたい事でしたが、前祈願・後祈願までしてくださり心から感謝しています。ありがとうございます。
    コロナウイルスが1日も早く鎮まることを願っています。

  3. マキ より:

    八雲さま
    ありがとうございました。
    とても温かい気持ちになりました。

テキストのコピーはできません。