温泉:おんりーゆー

施設名称は、「おんり~ゆ~」なので、いつもの書き方で施設名だけ書くと、いったいなんの施設なのか分からないので、タイトルに“温泉:”とつけています。

こちらの施設は、こちらのページを見て知りました。

立ち寄り湯 – 神奈川日帰り温泉巡り 神奈川の湯
http://kanagawa.ploccolo.jp/

この種のページランキングというのは、私には当てはまらないことが多いのは以前にも書いていますが、今回は2つの点で注目しました。

その1
上記のサイトで、いつも行ってる“天山湯治郷”よりも、上位にランキングされており、票数が、天山の二倍以上ある。

その2
ぬる湯であること。ぬる湯というのは、長時間(30分以上)湯につかることで効果を出すものですが、長時間つかるというのは、泉質が悪いととても入れたものではないので、ぬる湯のままにしているということは、泉質が良いにちがいない。

ということで、あまり期待はしないけど、ちょっと期待して(笑)、行ってきました。

大井松田ICを降りると、あとは県道78号線を大雄山方面にまっすぐ進み、大雄山最乗寺への参拝道路を上り、途中で右折するだけなので、とても分かりやすい場所にあります。

施設は最近できたようで、全体的にもきれいです。

施設に行ってみると、入口のドアの前に一本の立木が・・・

IMG_7238

雰囲気を出したかったのは分かりますが、ちょっと邪魔。もうちょっと工夫してほしかった。
入って、通路を行くと、ロッカールームが右上に、男湯が左下にあります。

IMG_7247

平日に行ったので、人もすくなく、のんびりできました。土日だと来場者が多いことが予想されるので、以下の評価は異なる可能性があります。

泉質:★★★☆
無色透明の癒し系の温泉です。
内湯は、38度のぬる湯と、42度の普通の温度の浴槽があり、ぬる湯の方は掛け流しになっているようです。普通のお湯の浴槽は循環併用になっているようで、気にならない程度ではありますが、わずかに塩素臭があります。
露天も同じく二種類ありますが、ぬる湯でじっくり浸かるのであれば、内湯の方がお勧めです。
泉質としては、天山などに比べると湯力は落ちるところがありますが、立地場所を考えればかなりいい方でしょう。

施設:★★★★
お湯にはいるだけでなく、のんびり過ごしたり、近隣のアクティビティに参加したりと、滞在型になっており、そういった使い方には施設面ではとても良い感じです。三室のみですが宿泊もできます。

IMG_7255

林の中には、テラスもあり、のんびり過ごすことで疲れをいやすのにはとても良い施設です。

IMG_7254

総合:★★★★
箱根に比べると東京・神奈川からほど近くちょっと穴場的な温泉で、のんびり過ごしに行くのにお勧めです。

近隣:★★★☆
参道の道路を登り切ったところには、曹洞宗のお寺大雄山最乗寺(リンク)があります。修行道場なので、修行僧が在籍しているお寺です。山中に立地しているところから言えば、東の永平寺と言ったら言い過ぎか。

公式ホームページ:
あしがらの温泉「おんり~ゆ~」
http://www.ashigara-only-you.com/


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

4月の新型コロナウイルス対策の遠隔ヒーリング
緊急事態宣言が解除され、第四波が心配される状況です。そのため、新型コ…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

コメント

  1. はぁぷ より:

    自分がお湯か、お湯が自分かわからないくらいの温度が好きです。
    泉質もなかなかのようですね♪
    気になる温泉です。
    ご紹介ありがとうございます(^-^)

テキスト・画像のコピーはできません。