那須-鹿の湯でリハビリ

自宅療養(リンク)になったので、リハビリで那須の鹿の湯に日帰りで行ってきました。

片道3時間かけて、20分入浴という強行軍でしたが(^^;、それに値する良い温泉です。

東北道那須ICを降りて、那須ロープウェイ方面に進む途中、温泉神社の鳥居を過ぎた先に鹿の湯はあります。

バスの停留所は写真の左端に写ってます。東北新幹線黒磯駅から概ね一時間に一本の頻度、所要時間40分程度で路線バスも通ってます。バス停から鹿の湯までは徒歩5分ほど。

駐車場は整備されており、基本車で行く湯治場です。
人気があるので、平日でもけっこう混みあいます。

料金は大人500円と割安ですが、ここは温泉ではなく湯治場なので、建物のつくりも湯治場としてのつくりになっており、普通の温泉にあるような食事場所や娯楽的な設備はありません。

写真右が受付で、渡り廊下を渡った左側が脱衣所と浴室になります。
川底は白濁しており、この写真を撮っている川の上でも硫黄臭がします。

脱衣所を抜けると、いきなり浴室入口の湯かけ場所になります。体を洗うような場所はありませんし、石鹼やシャンプーは使用禁止ですが、温泉ではなく湯治場として考えればごく自然なことです。

湯治場というのは、良いお湯に浸って身体を治す場所であり、レジャーで行く場所ではありません。

浴室は男湯の場合、4人入ればいっぱいの升状の湯舟が6つあり、温度がそれぞれ41度、42度、43度、44度、46度、48度です。46度、48度はさすがに別格に熱いので入る人もまばらです。

鹿の湯は、短時間入浴が基本で最大でも15分程度、短い場合は4分程度になりますが、短い入浴が効果的です。

公式ホームページ
那須温泉 鹿の湯l千三百年続く静寂と癒しの湯
http://www.shikanoyu.jp/


この記事を書いた人について[1/25更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/44006#i

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキストのコピーはできません。