au光インターネット回線に乗換

ADSLサービスは終了へ

現在はインターネット回線として、ADSLを使っていますが、ADSLサービスは終了となるので、

今日(2月17日)自宅に葉書が届きました。 HomeAccessサービスは、2021年6月30日をもちまして終了さ...

光インターネット回線への移行を検討していました。

光インターネットへの移行

光インターネット回線となると選択肢は限られており、

①NTT系
②KDDI系
③NTTダークファイバ―系
④電力会社系

の四つに絞られます。

地方では電力会社系の光ファイバー網もあります。関東地方では東京電力のサービス(PinT)もありますが実態としてはNTT系のサービスなので、関東地方では事実上①から③の三つになります。

①のNTT系は安心感はあるけど、昔KDD/KDDIの仕事をしていたこともあって、KDDI系の方が個人的に好みです。

KDDI系は、KDDI自社回線をメインに使ってサービスしています。料金がNTT系に比べて少し安くて、実効回線スピードも速く、安定しているとなるとNTT系を選択する理由がありません。

もう一つのNTTダークファイバー系というのは、NTTが敷設している光ファイバー回線の空き回線を使ったサービスで、SONYのNuro光が代表的なサービスです。こちらは、NTTとは違った技術を使って安く早いサービスを提供しているのが特徴です。

Nuroは実効回線速度が速い上に、大胆な料金割引サービスを行っているので、KDDI系とNTTダークファイバ―系のどちらを選択するのか迷いましたが、携帯がauを使っていること、また将来的な引越しの場合のサービスエリアの広さも含めてKDDI系のau光にしました。

au光を選択したけど

au光といっても、提供プロバイダが沢山あるので、まだまだ悩みます。

色々と調べると、契約のキャッシュバックが一番多く、お得な契約になるのは、GMOとくとくBBになります。ただし、契約条件が厳しくて、11ヶ月後と23ヶ月後にメールで連絡が来て、限られた日数の条件で手続きをしなければいけません。

11ヶ月とか23ヶ月も後だと、私の場合忘れている可能性が高いので、そうなるとキャッシュバックを受け取ることができません。

So-netのau光

ということで、キャッシュバックはないけどその分が月額料金に充当されて、月額料金が割安となるということで、So-netのau光にしました。

現時点では、契約したのみで工事などはこれからです。

公式ページ

以下のリンクは、アフリエイトのないクリーンリンクです。

auひかり | auスマホがおトクになる光 | 【公式】GMOとくとくBB
https://gmobb.jp/service/auhikari/

So-net auひかり 割引特典 | So-net
https://www.so-net.ne.jp/access/hikari/au/

PinT –東京電力グループのPinTが提供するTEPCOひかり
https://pintinc.jp/tepco_hikari

写真について

写真は千里浜なぎさドライブウェイに行った時の風景です。
千里浜なぎさドライブウェイは世界的にも珍しく、海岸の砂浜を約8Km車で走行できます。

千里浜なぎさドライブウェイ通行情報
https://www.city.hakui.lg.jp/kankou/5182.html

ウィキペディア(Wikipedia)千里浜なぎさドライブウェイ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E9%87%8C%E6%B5%9C%E3%81%AA%E3%81%8E%E3%81%95%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4

テキスト・画像のコピーはできません。