2013年冬至の遠隔セッション (12/21更新)

【内容】
目覚めのためのヒーリング&アチューメント。

目覚めあるいは、覚醒、悟りとも言われる、霊的な成長において最初に必要なことは、これまでの過去の経験が培ってきた世界観や価値観において、これから先に目覚めていくためには不要な世界観や価値観をリセットすることが必要になります。
そして、リセットすることで空いた領域に、これから必要な世界観や価値観を取り込んで行くことができるようになります。

多くの場合、目覚める妨げとなっているのは、過去の経験です。私たちは分離という肉体的な経験をするためにこれまで生きてきました。これらの経験は大変貴重なものですが、これから先、目覚めに向かうためにはこれらの経験のうち、必要なものを残して、不要なものをリセットしていくことが必要です。
不要なものを抱え込んでいると、自然な動きである成長・前に進むエネルギーを低下させてしまい、本来の自分ではない自分を生きることになってしまいます。
リセットすることは、本来の自分に戻って、前に進むエネルギーを取り戻すことになります。

経済的安定性というのは、人が本来の姿で前進するときには、宇宙のサポートがあると言われるように、目覚めに向かっている時には、まさにその時に必要なことが起きるため、結果的に経済的な安定性がもたらされてくることになります。経済的に不安定であるとか欠乏というのは、人の本来の姿である豊かさを忘れてしまった時に起きる現象です。

そして、さらに、今回の遠隔セッションでは、参加された方の経済的安定のために必要なエネルギーが届くように祈念してセッションを行います。

【冬至に行う理由】
冬至(とうじ:the winter solstice)は、二十四節気の一つで、グレゴリオ暦では大体12月22日頃になる。北半球では太陽の南中高度が最も低い、つまり日中の太陽が一番低い日であり、ため冬至は太陽のエネルギーが最も低い状態となるので、古くから年の区切りとして意味づけされてきました。

冬至は太陽の力が弱まることから、物事を転換してゆくタイミングとしての使い方が最も効果的になります。2014年は別記事に書いているように、2013年までの根底的な変化が、表面化してゆく時になりますので、古い自分をリセットして行くには最もいいタイミングになります。

伊勢神宮の内宮にかかる宇治橋は冬至の方向に向かっており、冬至の朝は多くの人が日の出を見るために集まります。

1229075937_photo

写真は、伊勢志摩経済新聞(リンク
から引用させていただきました
【スケジュール】
以下の通りになります。
12/21(Sat)
12/22(Sun) 冬至
12/23(Mon)
実施時間帯は、いずれも 21:00 – 21:30 です。

【参加費用】
1万円
※途中からの参加、あるいは途中までの参加でも同じ金額になります

【参加申し込み】
以下のフォームからお申込みください。

遠隔ヒーリング&アチューメント参加申込
http://form1.fc2.com/form/?id=734667

コメント

  1. wik より:

    八雲さま
    こんにちわ。
    冬至の遠隔セッション、ありがとうございました。
    セッション前日から、少しずつ自分の周囲で変化が起こり始めました。
    「今のまま」ではなく、そろそろこれからのことを考え始める機会を作れ、と
    言われているかのような出来事が立て続けにあり、
    そのことに向き合うと、まず強い感情解放が出ました。
    冬至の日は、とても落ち込んでいました。
    ですがその後、スッキリし楽になっていました…
    しかし次に不安と恐怖がやってきました。
    そろそろこれもいつまでも抱えていても仕方がない。
    手放していく時がきたんだと思いました。
    昨夜の最終セッションの後、
    これらの出来事は、順番として起きるべきであったことで
    今この時に出てきてよかった、と感じました。
    いつまでも決まった視野のままでいても
    先に進めないので、足を踏み出すために
    受け入れていこうと思います。
    有意義なセッションをありがとうございました!

  2. せきかわ より:

    八雲様。。
    こんばんは。
    冬至の遠隔セッション 三日間。。ありがとうございました。
    簡単に感想です。
    一日目、二回目はほぼ寝ていてどちらがどんな感じだったのかよく覚えていないのですが、どちらも後半くらいに掃除機のようなものでガーっと数回吸われたような感じがしたのと、頭のあたりがスーっと軽くなったような感覚がありました。
    三回目はフワフワした感じで、からだ全体が軽くなって浮いてるような感覚でした。(実際に浮いてる訳ではなく意識の中で浮いてるという感じです)
    今回は各日にメールにて解説をして頂けたので とても分かりやすく、エネルギーが届いている事を実感できたと思います。
    これから先、自分と自分の周囲で起こるであろう変化を楽しめたらいいな~。。と思います。
    今年も何度も遠隔セッションを受けさせて頂き、その度に少しずつではありますが成長する事ができているのではないかと思います。
    本当にありがとうございました。
    来年もまた何度もお世話になると思いますがよろしくお願い致します。
    それでは、良いお年をお迎え下さい。。
    ありがとうございました!

  3. SS より:

    久々の遠隔、受けてよかったです。
    1日目は、頭の中で大きな変換と、全身の色々な箇所から不要なエネルギーが浮き上がっていました。下腹部・みぞおち・ハート、そして頭の中から吸い取られるようにどんどん抜けていきました。2日目の日中は結構体の反応が激しく、ボーっとしていました。
    2日目は、身体を通じて抜けていく感覚と同時に、1日目にもあった「何も感じられない感じ・よく分からない感覚」の時間が多かったです。
    3日目は、冒頭にエネルギーが大量に流入してくるのにキャパが追い付かず最初は苦しかったのですが、ハートが胸も背中(肩甲骨の間)からも全方位に開放されてからは,
    黄金色(こがねいろ)の空間に包まれていました。
    豊穣なのに何も無い様な不思議な空間を感じながら「ここから創造が生まれるんだ・始まるんだ」「何かを産み出す時には、このエネルギーを使っていくんだ」などと感じました(稲穂も見えたような笑)。創造・豊かさは与えられるのではなく、自らが「繋がり・引き出し・使う」性質のものなんだとも。
    普段思いもよらない事ですが、「楽しくて簡単そう」でもあり、掴みきれない距離感もあります。後半20分は、いつものように不要なエネルギーが浮き出し抜けながら、全体の調整が行われているようでした。
    3日目の感覚は静かに強烈な印象があり、今はまだ後味を感じている最中です。
    でも、ホントに、ありがとうございます。

  4. cheese より:

    八雲さま
    三日間の冬季の遠隔セッションどうもありがとうございました。
    これも変化の一つかはわからないのですが、セッションを受けると決めてから、物を結構捨てて身の周りを整理をするようになりました。
    始めの二日間は半分眠ってしまったような、記憶の飛んだ時間が結構ありました。それでも上半身がグルグル回されているような感覚もしっかりあったので、何かが開放されているのかなと思いました。
    三日目はさらに体が回っていました。そしてエネルギーを受けている感覚が一番あり、終了後は頭がかなり楽になりました。
    終わって数日経ちますが、変化をはっきり言葉にできていないのですが、今が楽しくなってきている感覚はあります。
    これから少しずつ変化が出てくるのを観察していきたいと思います。
    冬季遠隔セッションに参加させていただいて良かったです。
    本当にどうもありがとうございました!

  5. カシオペア より:

    八雲さま
    3回の遠隔セッションどうもありがとうございました。
    今回は、何かが見えたりとか感じたりという事は少なくて、淡々とセッションが進んでいった感じでした。というか、見えたり感じたりということ事体に興味がなくなってきた感じがありました。強いて思い出せば、波間にゆらゆらゆられている感覚とか、二日目の後半に体の前面に圧力を感じたのとか、思い出せばあるのですが、それよりも真っ白というか無限というか空というか、そんな幸せな時間が続いている心地よさを感じました。
    終わってから感じたのですが、冬至セッションの前後で日常の生活している空間が変化したのを感じました。同じ場所にいるのだけれども何かが変化して違っている。そんな感覚を得ています。これからの日常の生活が楽しみです。
    どうもありがとうございました。
    また来年もどうぞ宜しくお願い致します。

テキスト・画像のコピーはできません。