糸の切れた凧になる

スピリチュアルな目覚めのプロセスにおいて、糸の切れた凧のような状態になることがあります。

それは、この世界に生まれてから今日まで積み上げてきた価値観・世界観といったものを手放すことが必要になるからです。目覚めていくには、手放すことが必要で、手放さないで握りしめていては、いつまでたっても肉体という呪縛に囚われたままになってしまいます。

ここで言う、手放すというのは捨てることではありません。存在することを認めつつも、離れていくということです。

完全なる無という状態に入ることができるのは、すべてを手放すことができたときです。

今日まで積み上げてきた価値観・世界観を手放すというのは、言葉にすれば簡単なことですが、実践するとなると、これらは無意識的な領域に存在するため、しばらくの間は手放したり握り返してみたりを繰り返すことが起きます。その時心は、ふわふわと安定しない糸の切れた凧のような状態になります。

凧というのは糸によって地上とつながっているときは安定します。この糸が価値観・世界観であるわけですから、手放すということを始めると、しばらくの間は糸の切れた凧を経験します。

そして、それまでとは全く異なる価値観・世界観に完全に移行すると、凧は糸がなくても自由に空にとどまり続けることができるようになります。

そうなるためには、無意識的な領域に何層にも積み重なっている価値観・世界観を手放すことが必要で、ある事柄において手放すことができると、別の事柄が浮き上がってくるので、何度も手放していくということを続けていく必要があります。そのため、手放すプロセスに数年という時間を要することも珍しいことではありません。

大切なのは、手放すということを続けることです。
続けていく、その先に目覚めは必ずあります。


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルの論理的な説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドは沢山のサポートを得ています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

コメント

  1. ぐり より:

    以前ここにかかれているような状態になったことがあります。「今の自分は糸の切れた凧みたいだ・・・」とおもったその気持ちがそのままタイトルになっていて思わず開いたのですが、あの状態がいったい何であったのかわかってとてもスッキリしました。ありがとうございます

テキスト・画像のコピーはできません。