部分月食の遠隔ヒーリング:11月19日

月食は、太陽‐地球‐月が一直線に並ぶことで起きる天体現象です。
占星術的には、太陽と月が180度のオポジションになるという珍しい現象で、太陽と地球と月のエネルギーが直線上で相互作用するので、とても重要な日になります。

今回の部分月食は、日本全土で見られます。
部分月食ですが、地球の影に隠れる部分が97.8%もあり、皆既月食に非常に近い月食になります。詳しくは、下記の国立天文台のサイトをご覧ください。

国立天文台 ほしぞら情報
11月19日は「たいへん深い」部分月食
https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2021/11-topics03.html

今回は、このほとんど皆既月食という部分月食に合わせて遠隔ヒーリングを行います。
ただ、食の最大が18時03分ごろと早い時間のため、月食のエネルギーをタイムシフトして21時に行う予定にしています。

遠隔ヒーリングの詳細については、10月中頃になったら、この記事に追記します。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。