日食遠隔ヒーリング [12月4日]

12月4日(土)は、日食遠隔ヒーリングを実施します。

11月に入ってから、新規感染者数もかなり低い状態で推移していることから、12月のコロナウイルス対策遠隔ヒーリングの実施を思案しておりました。
第六波の気配もまだ無い状態なので、12月の実施は見送りとなります。
第六波の気配が出たときには、時期を見計らって遠隔ヒーリングを実施します。

日食とは

日食は、新月の日に太陽‐月‐地球が一直線に並ぶことで起きる天体現象です。
占星術的には、太陽と月が0度のコンジャクションになるという珍しい現象で、太陽と月と地球のエネルギーが直線上で相互作用するので、とても重要な日になります。

今年最後の日食

12月4日(土)の新月は、南極大陸で見られる皆既日食があります。南極で皆既日食が見られるのは2003年11月23日以来18年ぶりであり、この次は2039年12月15日になります。

日食の時間が、
食の始め 12月4日 14:29:16
食の最大 12月4日 16:56:10
食の終り 12月4日 18:37:28
と遠隔ヒーリングの時間より早いため、日食のエネルギーをタイムシフトして行います。

ホロスコープで読む

半円の中に全ての惑星が入っており、アンバランスな配置になっていますが、アスペクトを見ると、60度のセキスタイルが多いのが特徴です。

セキスタイルはお互いを高めあうアスペクトなので、月食で動き出した変化が、良い方向へ向かう兆しです。

参加できる人

月食は満月、日食は新月となり、対で発生するので、月食遠隔ヒーリングに参加された方のみ、無料で参加できます。メールで連絡しますので、参加するかどうかを返信でお知らせください。

日時
以下の日程で行います。

12月4日(土) 21:00-21:20 新月・日食


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。