縄文神社

縄文時代から続く神社というコンセプトに惹かれて買いました。

読み進めると、筆者の「~と思います。」という記述が多く、正確な縄文時代の歴史を調べて書いた本ではなく、筆者の「思い」が込められている本ですね。

谷川健一氏の「日本の神々」など、しっかりと考察・検証された本を読んで来た私から見れば、随分アバウトな調べ方で書いているという印象です。
図で神社の位置を示していますが、かなり適当な位置関係になっており、正確な場所を示しておらず(氷川三社や大戸神社と香取神宮などなど)、筆者のアバウトさが現れてます。

とは言え、神社の歴史を縄文時代にまで遡るという視点はこれまでにはないので、そういう意味では貴重な本だと思います。

アマゾンでは評価が高いのですが、お勧めと言えるほどの内容ではないので、本へのリンクは掲載しません。

著者 武藤 郁子
出版年月日 2021.06.07
ISBN 9784864108348
判型・ページ数 A5判並製・192ページ
定価 定価1760円(税込)


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。