竹生島

日本五大辯財天というと、以下の五社になりますが、
  安芸国 厳島神社(広島県佐伯郡宮島町)
  大和国 天川神社(奈良県吉野郡天川村)
  近江国 竹生島神社(滋賀県東浅井郡びわ町)
  相模国 江の島神社(神奈川県藤沢市)
  陸前国 金華山黄金山神社(宮城県石巻市)
今回は、竹生島(ちくぶじま)に行ってきました。

これまで、二回連続で竹生島には渡れなかったのですが、
一回目は、港に着いた時にちょうど目の前を最終便が出て行った後だったので、二回目は時刻表で最終便を確認して最終便の1本前の便に乗れるように間に合わせたのですが、行ったのが二月だったので、冬スケジュールで夏場に比べて大幅に便数が少なく、着いた時間にはもう営業終了でした。
ということで、今回は前日は京都泊まりで、翌日朝から車で竹生島を目指し、港の蕎麦屋さんで昼食を取って向かいました。
竹生島への船の時刻表はこちらを参照してください。
港によっては冬季は大幅に便数が少なくなるので注意が必要です。

琵琶湖汽船 > 竹生島クルーズ
http://www.biwakokisen.co.jp/cruise/chikubushima.html

びわ湖観光船オーミマリン(滋賀県・琵琶湖遊覧船)
http://www.ohmitetudo.co.jp/marine/index.html

竹生島には、竹生島神社と竹生島宝厳寺があるだけ。神仏の島なので宿泊施設はありません。
船のスケジュールから換算すると、おおむね70-90分ぐらいで全部を見られると思って行ったのですが、普通の観光客ならそれくらいの時間がちょうどいいかと思いますが、竹生島神社と竹生島宝厳寺共に本殿だけでなく、境内にはいくつもの社があり、一つ一つをきちんと見て廻るには、1時間強ではまったく時間が足りない。
そのため、今回は駆け足の参拝になってしまいました。


竹生島

竹生島は今津港からも遠望できるので、すぐ近くにあるように思えるのですが、船で25分程度かかります。この日は風もなく、船が段々と近づいて来ると、鏡のような湖面の中にたった一つだけ浮かぶ島。湖のなかでそこだけが別世界のようです。

竹生島宝厳寺は西国三十三箇所観音霊場の30番にもあたり、本尊は弁天さまのお寺になります。
急な階段(お年寄りにはきついかも)を登って行くと、竹生島宝厳寺になります。


竹生島宝厳寺

写真は、本堂(弁財天堂)になります。

これまで弁天さまというと、厳島神社や天河神社、江島神社に行ってきたのですが、神社系の場合は宗像三姫が祀られていることもあって、いかにも弁天さまという印象はこれまでなかったのだけど、ここはいわゆる弁天さまの像(琵琶を持って優し気な女性の裸像)がそのままのイメージで霊視で出てくるのにはびっくりしました。
エネルギーはとても強くしっかりしており、お寺によくありがちな念が篭っているようなこともなく、とてもクリーンな印象です。
お寺はあまり回ってないので、詳しくは分かりませんが、日本では一番の弁天さまのお寺では?

竹生島宝厳寺から竹生島神社に向かう下りの階段からは、竹生島港と琵琶湖が一望できます。


竹生島港

左手に見えるのは、唐門・観音堂です。
観音堂の横にから竹生島神社に続く渡廊は舟廊下と呼ばれ、。秀吉が朝鮮出兵の時にご座船として作られた日本丸の廃材を利用して作られと言われています。
舟廊下を渡ると、竹生島神社に出ます。


竹生島神社

竹生島神社は古くは、都久夫須麻神社(つくふしま/つくふすま)とも言われているので、古い表記を使っていることもあります。
こちらには、
 市杵島比売命(いちきしまひめのみこと) 弁財天
 宇賀福神(うがふくじん)
 浅井比売命(あざいひめのみこと) 産土神
 竹生島龍神
の四柱の神様が祀られています。
写真は本殿の方ですが、こちらでは、弁財天としての市杵島比売命をかなり強く感じます。本殿正面には琵琶湖に向けた鳥居とその鳥居を通して参拝する、竹生島竜神拝所があり、こちらもとても強いエネルギーがあります。


竹生島竜神拝所

境内には他にも小さい社がいくつかあり、また宝巌寺には三重塔や宝物殿もあります。

島の中には、お寺と神社と、港の前にお土産屋さんしかない場所であり、そのため、場がとてもクリーンであり、しかもとても強い場所です。これまで、色々な場所を廻ってきていますが、これほど頭くらくらするほどエネルギーが強いお寺や社が並んでいる場所は初めてです。まさに屈指のパワースポットと言えますね。

こういった場所なので、ゆっくり見て廻るには島内を廻るだけでも3時間ぐらいは時間を取って置かないととても時間が足りないので、船の時間(往復1時間)も含めると、半日は見ておきたいです。なので、できれば船乗り場近くのホテルを取って、朝一番の船で行くようにしたいですね。
近いうちにまた行きたいと思います。


竹生島竜神拝所鳥居

リンク:

【オフィシャルページ】

竹生島・宝厳寺 ~ 西国第三十番札所
http://www.chikubushima.jp/

竹生島神社
http://www.chikubusima.or.jp/

【ウィキペディア(Wikipedia)】

宝厳寺
http://ja.wikipedia.org/wiki/宝厳寺

都久夫須麻神社
http://ja.wikipedia.org/wiki/都久夫須麻神社

弁才天
http://ja.wikipedia.org/wiki/弁才天

宗像三女神
http://ja.wikipedia.org/wiki/宗像三女神

追記:
竹生島竜神拝所では、かわらけ投げをやっていますが、いくら天然素材とは言え、沢山の観光客がかわらけを投げると景観を損ねたり、建物を傷つけることにもなり、場合によっては環境汚染にもなりかねないので、かわらけに使うお金があるのなら、お賽銭としておきたいものです。竹生島竜神拝所鳥居の写真の鳥居の根元の白いところはすべてかわらけです。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

2月のスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomによる遠隔…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

コメント

  1. ノア より:

    初めまして。
    去年の記事へのコメントお許し下さい。
    竹生島に昨日行ってきたばかりで、ここほど素晴らしいパワースポットはないと思い、同じ事を感じた方はいないかと調べていたところです。
    今月末にお越しになるとのことですが、既にセッションが満杯、残念です。
    時間がなくて神社の方だけにお参りしてきたのですが、ここの市杵嶋姫命のエネルギーの優しさにとても魅了されました。
    私はここは、日本のひな形では?とふと感じました。
    水の上にあるし(共通点はそれだけですけど)。
    どう思われますか?

  2. 八雲 より:

    ノアさん
    竹生島は大変すばらしい場所なのですが、あまり知られていないですね。風水的に見ても、エネルギーの強いところだと言われています。
    日本の雛形であるかどうかは、難しいところですが、淡路島が琵琶湖と概ね同じ大きさ、同じ形なので、これらは陰陽の関係とも言われているので、こちらも含めて考える必要があると思います。

  3. ミケニャンコ より:

    来週滋賀に出張なので、ついでにどこか行こうかと探していたら、ここにたどり着いてしまいました(笑)
    良さそうなところですね。計画してみます。

  4. 八雲 より:

    ミケニャンコさん
    竹生島は良いところですよ~
    観光案内を見ると、島内参観70-90分とか書いてあるのですが、全然足りません。
    ふつーの観光客な人であれば、見える建物を見て納得で、70-90分で大丈夫なのですが、エネルギーが分かる人の場合、ひとつひとつを丁寧に見ていることになるので、少なくとも2~3時間は必要です。
    それから、島内の神社の横で売っている(というか領布している)、金回りが良くなる小判はお勧めです。
    小判を小銭側の財布に入れておいたら、小銭ざくざくになってしまいました(笑)

  5. 繊務 より:

    小生も小判ゲットしました。
    冗談抜きに、小銭が貯まります…。
    瑞祥水もおすすめですよね。
    利き酒ならぬ、利き御神水をしてみたいです[E:happy01]

  6. ミケニャンコ より:

    ありがとうございます。
    小判に瑞祥水ですね。
    ますます、楽しみになりました。

  7. ミケニャンコ より:

    行ってきましたよ。
    汗をかきながら、階段上りました。
    彫刻や、天井の絵等々すばらしいものばかりでびっくり。
    行ってよかったです。
    報告はブログに書きました。

  8. 八雲 より:

    ミケニャンコさん
    行ってきましたか~
    ブログ読みました。ちゃんと見ようとすると、75分ではやっぱり足りないですよね。
    撮影ポイントがみんな同じになっちゃうのも面白いですね。
    専務ノート 竹生島
    http://senmunote.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_66b4.html
    oyashima 竹生島
    http://oyashima.way-nifty.com/blog/2007/05/post_66b4.html
    弁天様の小判は効果出ましたか?

  9. せんむ より:

    ブログを紹介していただき、感謝です♪
    どうもありがとうございます。めちゃ嬉しいです。
    色々な場所が島内にはありましたが、撮影ポイント、同じですね~[E:happy02]
    あと、おっしゃるように75分ではまったく足りないですね。
    次回は長めに時間をとって行きたいです。
    いつか竹生島ツアーをしていただきたいかもです[E:wink]

テキスト・画像のコピーはできません。