寛ぐのに、理由などない

寛ぐ(くつろぐ)のに、理由が必要な人がいますが、本当のところ寛ぐのに理由など必要ありません。

真に寛ぐということは、理由なく寛ぐことです。

もし、あなたが寛ぐのに理由が必要だとしたら、それは理由に呪縛されているということです。

理由に呪縛されていると、本当の寛ぎにはなりません。

真の寛ぎには、理由がありません。
ただ、寛ぐだけです。

理由なく、寛いでください。

テキストのコピーはできません。