911 WTC 跡地に行きました

20年前の今日、アメリカ史上初めての大規模テロがあり、多くの犠牲者が出ました。

911のスピリチュアルな意味について、先ほどガイドさんに聞いてみました:

人々が、心の底に(無意識的に)思い描いていること、つまりこの世界は敵と味方に分かれるということを表したものであり、多くの人の想念が現実化したものである。

大切なのは、ここから学んで行くことであり、さらなる敵を作り出すことではない。

翌年の2002年5月にニューヨークの911WTC(ワールド トレード センター)ツインタワーの現場に行きました。

到着すると、多くの人が現場を見に来ています。

現場は整地工事が始まっており、沢山の重機があり、重機の向こう側には多くの工事の人が働いていました。

左手には、喪に服したようなビルも。

911WTC跡地は、キリスト教や他の宗教の沢山の関係者が供養した結果だと思いますが、実際に訪れてみるとかなりクリーンな状態になっていました。残留している死者の魂などはほとんど見られませんでした。

現場近くに臨時の小さな教会のような建物が作られて、そこには多くの献花や行方不明者の写真プレートなどが多くありましたが、911WTC跡地ではそこだけが異様な空間となっていました。
それは、死者を悼む人の様々な想念が置き去りになっているためです。

現在は、WTC跡地は水が流れるモニュメントとなり、隣接する地区では米国では一番高いワン・ワールド・トレード・センターを始めとしたビル群や国立9.11記念碑・博物館、正教会の聖堂などが立ち並んでいます。

ワールドトレードセンターとその再建については、ウィキペディア(リンク)に詳しく掲載されています。

こちらの動画は、その様子を長年撮り続けたもので、最新の様子までわかります。

Official 20 Year Time-Lapse – Rebuilding the World Trade Center

この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。