見上げるデザイン

最近は都内も、ビル建築ラッシュですが、ビルのデザインにはかなり不満があります。
最大の不満は見下ろすデザインです。
ビルのデザインではデザイナーが色々なデザインを考慮するのですが、CGが普及したせいか、見下ろした視線で作られたビルが多く実際に建った時に気持ちの良いデザインになっていないビルが多いのが不満です。
最近のビルでは、
六本木ヒルズ
http://www.roppongihills.com/jp/index.html
日本橋一丁目ビルディング
http://www.tokyu-land.co.jp/bldg/search/new01.html
が見上げる視線をきちんと評価(デザイン)できているビルです。
特に、六本木ヒルズは東京の新しいランドマークとしてきちんとデザインされているので、良いデザインだと思います。
見下ろしたデザインのビルの特徴(悪いところ)としては、
・圧迫感
・地域に馴染まない
ということが言えると思います。
そういったビルは、短期的にはともかく、長期的には土地に馴染まないビルになってしまい、地域コミュニティを破壊してしまうため、地域を荒らしてしまいます。
ビルというのはコミュニティが基盤ですから、地域を大切にしたビル(見上げたデザインを大切にしたビル)を作って欲しいものだと思います。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

3月のスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomによる遠隔…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。