星田妙見宮の鎮宅霊符

作成 2005/11/1
更新 2020/9/17

星田妙見宮(正式名称 小松神社)は、星田神社の摂社で、標高143mの妙見山の頂上付近にあります。

小山の頂上には、磐座(いわくら)があります。拝殿の向こう側で正面からは見づらいので、横に回ると磐座が見えます。

以前の記事の「星田神社と星田妙見宮(リンク)」で書かれていた霊符ですが、星田妙見宮に参拝に行った時にその実物を見て、「これは本物だ」と感じて頂いて来ました。
江戸時代の版木を使っていることもあり、値段も高いですが、霊符の持つエネルギーを強く感じるので頂いてきました。

うちに帰ってから、東急ハンズで額を買ってちゃんと掲げられるようにして、しばらく寝床の頭のところに置いていました。寝床に入るたびに強いエネルギーを感じて、霊符のおかげでかなりヒーリング出来たと思っています。
その後は、サンフランシスコ在住の知人宅に、行くべくして行ってます。

星田妙見宮の上まで登ったときは、ぜひ霊符を観てください。そしてそこに縁を感じた場合は頂いてきてください。

霊符にはいくつか種類があります。私がいただいてきたのは太上秘法神仙鎮宅霊符です。

星田妙見宮 太上秘法神仙鎮宅霊符

テキスト・画像のコピーはできません。