宝くじ高額当選者と交通事故遭遇者の意外な共通点

みずほ銀行宝くじ部発行の『宝くじ長者白書』を週刊女性が過去10年分のデータを調べた結果と、愛知県警が発表した県内で発生した過去10年間の死亡事故の間には、意外な共通点があります。
独自に表にしてみたのがこちら。

seiza

宝くじではみずがめ座に高額当選者が多いというのは、良く知られています。愛知県内のデータとは言え、交通事故に遭遇する歩行者・自転車の人の星座を比較すると、意外な共通点が見えてきます。

みずがめ座・やぎ座・うお座はいずれも上位にあるのに対して、いて座・ふたご座は下位にあります。

統計の母集団もサンプリング方法も統計期間も異なるので、統計学的には両者を比較することに意味がないとは言え、とても興味深いデータで、何か隠された特徴があるのかもしれませんね。

愛知県警が発表したデータは、ネットでも話題になっています。「警察が星占いするのか?」という批判も一部であるようですが、交通安全の意識を持ってもらうために、ポピュラーな星座という分類で統計してみたということで、話題になっているということは、交通安全の意識を持ってもらうという目的は十分果たしていると思います。

(出典)

週刊女性 PRIME
なぜか交通事故が多い星座は「みずがめ座、やぎ座」逆に事故が少ない星座は?
http://www.jprime.jp/articles/-/7988

愛知県警
星座から見た交通死亡事故の特徴
https://www.pref.aichi.jp/police/koutsu/topics/seiza.html

週刊女性 PRIME
みずほ銀行も気づかなかった「高額当せんトップ3常連の最強星座」が判明
http://www.jprime.jp/articles/-/7986