スピリチュアルな仕事を中心に

サラリーマン生活を続けながら、カウンセリングやヒーリングなどの仕事を続けてゆくつもりでしたが、今回のサラリーマン生活の中で教えられたことがあります。「かつて出来たことでも、時がくればできないものになる」と。

今回の4月(契約上は5月)からの仕事は、以前も働いたことのある会社であり、また以前の仕事とよく似ている仕事(ITコンサルティング)で、しかも以前より難しくない仕事であることから、当然こなせると思い契約しましたが、もう既にこちら(IT)の世界での仕事は終わっており、あちら(スピリチュアル)の世界での仕事に向かわなければならない時期に来ていることを、思い知らされました。

それでも、請負った以上、仕事をしなければと無理をしていたら、7月の末に普通なら転ばないような場所で転んで、肋骨にひびが入り、そのときこれはシグナルであることも同時に理解しました。そして9月は結局、サラリーマンの仕事はできない状態になりました。
スピリチュアルな世界の仕事を中心にするのは、もう少し時間が必要と思っていたのですが、その時が来てしまったようです。サラリーマンの契約(契約社員)については、今月末で解約になります。

そして、今後はスピリチュアルな仕事を中心とした生活になります。

ということで、カウンセリング料金の改定やカウンセリング以外のヒーリング、ディクシャ(近いうちに名称を変更します)、勉強会、ワークショップなどの活動についても、今後進めてゆきます。今後ともよろしくお願いします。

テキストのコピーはできません。