聖マリア・トライアングル(3)

東京カテドラル(関口教会)には駐車場の奥にルルドがあるのですが、
東京カテドラル(関口教会)
http://tokyo.catholic.jp/katedoraru.html
先日行ったときに、ルルドのマリア像の目線が皇居の方向を向いているのではないかという話になりました。
先日GPSを持って、現地に再度行ってみました。
マリア像は直立しているのではないので、どちらの方向に目線が向いているのかを判別するのは難しいのですが、顔の方向から考えると、靖国神社、皇居方向を向いていると言っていいかと思います。
ということで、東京には、聖マリアのトライアングルが存在し、トライアングルの頂点に立つ東京カテドラル(関口教会)のルルドにある聖マリア像が靖国神社-皇居を向いていることが分かりました。
これまでの記事にもあるとおり、聖マリアの記念日が第二次大戦の鍵となる日と綺麗に一致し、そして、聖マリアトライアングルの頂点からの二分線上には、第二次大戦の鍵となる、靖国神社-千鳥ガ淵戦没者慰霊碑-皇居といった場所を通過しています。
日本にとって、第二次大戦は聖マリアとどのような関係があるのでしょうか?
(続く)

テキストのコピーはできません。