2016年の夏至は意識変化の始まり

6月に行われた、夏至の遠隔セッション三日間のまとめ。

【2016年の夏至】

2016年は人々の意識が分離から統合(ワンネス、ノンデュアリティ)へと大きく変化してゆくスタートラインの時です。先駆的な人々は既に変化が始まっていますが、多くの人が気付き変化して行くのがこれから始まります。本質的な変化(変容)の時であり、2016年の夏至は、秋分そして冬至に掛けて今後起きる大きな変容のスタートラインになり、変化を完全に受け入れると、バイブレーションがさらに高くなり、あなたの世界の全てが変化します。

【夏至の遠隔セッションのテーマ】

「わたしとは、全てであり永遠の存在。豊かさは、私以外の何処かにあるのではなく、私自身が豊かさである。」

人は、子供から大人になる過程で、肉体と精神(あるいは思考)が個人としての私であるという認識を持つようになります。これは間違いではありません。
この世界は、個人として、個人同士が交流することで様々な体験(良い体験も悪い体験も含めて)をするために存在しています。そのように創られているため、人は肉体と精神が私であるという分離された個人を経験します。
これも一つの真実です。

ところが、この真実の先には、もっと奥深い真実があります。

「あなたは、大いなる存在であり、全体である」ということです。
これをワンネスという言葉で表現する人もいます。個人に見える私とあなたが実は一つである(ワンネス)ということ、これは表面的な真実であり、奥深い真実ではありません。
奥深い真実とは、「(初めから)あなたは、大いなる存在である」ということです。そこから離れたこともなければ、それを失ったこともありません。
ここには、二つの真実があります。どちらが正しくて、どちらが間違っているということはありません。どちらも正しく真実なのです。

奥深い真実では、あなたは、大いなる存在ですから、それは全体であるということです。この世界の全てはあなたから創造されました。その創造されたものを、大いなる存在としてではなく、個人の私として見ているのです。あなたは、この世界全てを創造したのですから、豊かさそのものなのです。

大いなる存在とは、ただ一つの存在であるから、そこにあるのは調和です。あなたがこの世界に見つけることができる不調和というのは、完全な調和が生み出した不調和という映像です。不調和というのは、調和が無くなったのではなく、完全な調和の中に創造されたものなのです。

現在のあなたは、肉体と精神という個人であるという、もう一つの真実を生きています。これは、真実ですから無視することはできません。その現実を無視することなく、もう一つの奥深い真実を深く認識する時がいずれはやってきます。

奥深い真実を知ることは、祝福であり、深く認識することは、解放です。そこにあるのは、失うことのない自由です。

テキスト・画像のコピーはできません。