スピリチュアルな仕事をしている人は、臓器提供と献血ができません

健康保険証の更新時期で、保険証(自営業なので、国民健康保険)が送られてきました。
健康保険証の裏面には、臓器提供の意思表示の欄がありますが、私の場合「臓器提供しない」になります。

臓器移植によって、助かる命もあり、より充実した人生を送ることができる患者さんがいることは事実です。そして、死後の自分の肉体というのは、魂が抜けてしまえばただの物質であることも理解しています。

しかし、各臓器にはその人が生きていた時の記憶があります。そのため、臓器移植をすると、好みや嗜好、性格が変わったりすることがあるということが伝えられています。

スピリチュアルな観点から言えば、臓器という身体の一部分のパーツであっても、その人の全ての情報がホログラム的に記録されています。
そのため、臓器移植をするとそれらの情報が、本人から別の人に転写されていくことになります。

臓器提供者が普通の人なら、それは大きな問題にはならないと思いますが、臓器提供者がスピリチュアルな仕事をしている場合、神様と話が出来たり、遠視できたり、ヒーリングしたり、あるいは悟っていたりといった情報が臓器に記録されています。

スピリチュアルな仕事をしている人の臓器を他の人に移植すると、移植を受けた人が突然霊や神が見えたり・聞こえたりという現象が起きるかなり可能性が高くなります。

その場合、本人がそういった方面への知識や経験があるのであればいいのですが、そうでない場合、突然見えたり・聞こえたりということを周囲に話し出すと、最悪の場合精神病院に強制的に入院させられるということになりかねません。

それゆえに、あくまでも私個人のスタンスになりますが・・・

死後に臓器が誰に提供されるのかを指定できず、スピリチュアルな能力について医学界が理解していない現状においては、安全の為に臓器提供しないという立場を取らざるを得ないのが現実です。
また、血液についても臓器と同じなので、献血についても同様です。