(補足)遠隔ヴォルテックス・ヒーリングセッション

遠隔ヴォルテックス・ヒーリングセッションへ多くの参加ありがとうございます。

前回の記事(リンク)に補足しておきます。

>> 薬を服用中の場合は、受けることができません。

私自身が薬をほとんど服用しないため、説明が不足していましたので、補足説明します。
薬のうち、内科・外科・耳鼻咽喉科系(花粉症など)の薬の服用は問題ありません。
メンタルヘルス(精神科)系の薬を服用中の場合は、受けることができません。

以下は、コメントへの回答です。

(1)申し込みは本人で
本人が受ける気持ちがないと、ヒーリングを受け取ることができません。

(2)レッスン等が入っている場合
ヒーリングの時間帯に、レッスン等が入っている場合は、レッスンの内容と受ける方のエネルギー受取レベルにもよりますが、効果が全くないということはありません。
意識をヒーリングの方に向けておくことができれば、受け取ることは可能です。

(3)通勤時間帯になる場合
通勤で電車・バス・飛行機等の交通機関に乗っている場合は、周囲の人と会話せず静かにしてエネルギーを受け取ってください。交通機関を運転していなければ大丈夫です。

(4)パソコンの前に居る必要はありません
ヒーリングのエネルギーは、直接送られるので、パソコンの前に居る必要はありません。

(5)海外でも問題ありません
ヒーリングのエネルギーは距離に関係なく、必要なエネルギー量が本人に届きますので、海外に居住している場合でも大丈夫です。

テキスト・画像のコピーはできません。