スピリチュアルな能力の四要素(その5)

●リーディング(読み取る)(続き)

【時間】
「距離」のところで述べたとおり、上位次元の状態が三次元空間と時間という形に展開されているため、上位次元においては時間という概念はなく、状態の変化というものが変化を測る方法になるため、地上における時間の長さは上位次元においては意味がなくなってしまう。
なので、読み手が、クライアントの過去に遡ってリーディングする方法、つまり過去生リーディングが可能となる。この場合も何年前という時間を測る方法で読むことは困難であり、いつの時代になるのかは、服装や風景などを見て判断することになる。

ただし、天体の動きを(惑星軌道など)カウントすることは可能であると思われるので、それを元に時代判定することは可能であると思われるが、我々の本来の次元である上位次元においては、「状態」があくまでも重要であって、カウント数はあまり意味を持たない。
これは、自分自身の心象風景を思い出す時に、正確な年数よりも、その時の状態を思い出す方が意味合いが強いことを考えてもわかる。そのため、実際のリーディングでは、正確な年数をカウントすることはほとんど行われていない。

(続きます)


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

4月の新型コロナウイルス対策の遠隔ヒーリング
緊急事態宣言が解除され、第四波が心配される状況です。そのため、新型コ…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。