スピリチュアルな能力の四要素(その6)

●カウンセリング

【区分】
カウンセリングにおいては、誰がカウンセリングを行っているのかという区分がまず必要です。つまり、
 ・上位存在が直接行っている
 ・カウンセラーが直接行っている
 ・上位存在とカウンセラーが協働して行っている
の3パターンに分かれます。

(1)上位存在が直接行っている
この場合は、カウンセラーはチャネリングモードに入って、チャネリングに徹することで、上位存在が、クライアントに対して直接カウンセリングを行うので、カウンセラーはカウンセラーというより、チャネラーである。この場合は、カウンセラー(という名のチャネラー)はチャネリングのスキルが重要であり、カウンセリングのスキルは必要としない。
また、カウンセリングは繋がっている上位存在のレベル次第であるので、どの上位存在と繋がっているのかが鍵となる。

(2)カウンセラーが直接行っている
この場合は、カウンセラーのリーディング能力をベースとし、それらによって得られた情報を元に、カウンセラーのカウンセリングスキルと経験をベースとしてカウンセリングを行う。そのため、カウンセラーのスキルも重要だが、カウンセラーの資質やあり方などのカウンセラーとしての態度も重要になる。

(3)上位存在とカウンセラーが協働して行っている
このパターンは、上記の両方のパターンをケースバイケースで使い分けながら行うことになる。なので、カウンセラーが自覚的に上位存在とのコンタクトを取りながら、クライアントに対してベストな組み合わせを見つけることが重要になる。
この場合は、カウンセラーには、チャネラーとしての資質とカウンセラーとしての資質の両方の要素が要求される。

(続きます)


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。