金星/木星レトログレード

先週8日からは、金星と木星の二惑星が逆行期(レトログレード)に入っています。

金星
2010年10月8日 ~ 2010年11月17日

木星
2010年7月23日 ~ 2010年11月19日

金星と木星は、吉星とも呼ばれ、物事がスムーズに進む、思うことが実現するといった要素を持っていますが、その二惑星ともが逆行、すなわち逆に作用するという時期です。
この時期は、自分の思うことの逆の事象が出てきたり、思い通りに進まなかったりしやすい時期になります。
しかし、これを凶とみるのか、自分の力を伸ばすための時期なのかのどちらで考えるのかによって、この時期を抜けたときの自分の実力が大きく変わります。

自分にとって、不利に見えたり、逆境に見えたりしたことが起きたとしても、それは自分を伸ばしてくれるよい機会ととらえて見ると、これまでとは違った世界が見えてきます。


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。