悟るためのたった一つのフレーズ

久しぶりに、悟りの話を書きます。

悟りたいと思っている人が、

色々なことをやっても、なぜ悟れないのか?

気付いて見れば、それはとても簡単なことです。

自我が抵抗しているからです。

それを解除するためのフレーズはこちら:

「私は真我が支配することを認めます」

つまり、真我への明け渡しを宣言するということです。 

(続きはコメントへ)

コメント

  1. 八雲 より:

    記事という形のメッセージの純粋性を保ちたいので、続きはあえてコメントで書きます。

    悟りまであと少しの人は、
    「私は真我が支配することを認めます」
    と宣言すると悟ります。

    悟るまでの道のりが長い人は、
    「私は真我が支配することを認めます」
    を毎日繰り返し宣言することが必要です。

    自我の支配を止めて、真我が支配するようにすることが必要です。

  2. akismile より:

    こんにちは。

    この記事を読んだ後にヨガのクラスを受けました。

    ゆっくりと身体の筋を伸ばしながら、痛みから気を外らせる時に
    「私は真我が支配することを受け入れます」
    と心の中で唱えました。
    (うろ覚えだったので認めますではなく受け入れますと言いました)

    すると、私の内側に
    命を感じました。
    他人はもちろんのこと、自分自身でも支配することの出来ない命。
    自分のものではなく、ただそこにあるもの。

    最近ちらちらと感じていた感覚ですが
    はっきりとその存在が殻を破って視えたような感じです。

    あ、これだわ、ずっと探していたもの、
    取り戻したかった感覚。

    もっと感動するかと思っていましたが、意外とすんなりと受け入れて、
    一仕事終えた気分です。

    これは八雲さまにご報告しなくてはならないな、と思い
    コメントしますね。

    いつもありがとうございます。

  3. 八雲 より:

    > akismileさん

    コメントありがとうございます。
    感覚取り戻せて良かったですね。

    フレーズの末尾は「認めます」でも「受け入れます」でも、真我に明け渡すという意味は同じなので、どちらでも構いません。

    自分の内側に存在するものを視る時や一瞥体験の時など、事前にこうなるだろうと予想するのは自我が行っているので、予想すればするほど、その通りになりません。
    予想していた自我が脇に退くのだから、予想外のことになります。