空のリアルワーク [12/11更新]

ダグラス・ハーディング氏の「頭がない方法」の「ここを指さす」という実験があります。
そして、堀澤祖門氏が伝えている「空感瞑想」があります。
これらの実験・瞑想はとても強力な手法です。この二つを統合し、拡張した手法として、自分が空であり全てであるという悟りに、至るシンプルな方法を開発したので、概要を(と言うにはちょっと、長いですが)書いておきます。

年明け以降に、ワークショップとして行います。

□■□

これは単なるイメージワークではありません。自分自身のリアルな現実を観るワークです。
リアルワークは、これを経験すると経験前の自分には戻れなくなるほど強力です。

このリアルワークは、繰り返すごとに新しい発見があります。また、完全に悟りに至るには、繰り返し行う必要があります。

仏陀が悟った後にも行っていた瞑想も、このような瞑想だったと思えるくらい、何度もやってみたくなるもので、しかもとても簡単で効果的です。

□■□

1.前提

今現在見ているものだけを観ます。その時に過去の経験や知識を当てはめると、自分のリアルな現実を観ることができません。
過去の経験や知識とは、自分には頭がある、自分には身体がある、これは顔だ、ということです。このワークでは、自分の頭や身体、顔などを見ることができません。
なぜなら、私たちが通常自分の身体、頭、顔を見る時は、鏡を使います。そうして自分には、それらがあるという知識を持つようになります。つまり、これは今という瞬間に見ているものではなく、過去の知識を今当てはめているということです。
リアルワークでは、この過去の知識ではなく、今という瞬間に見えているものを観ることが絶対的に重要です。

2.外見を指さす

自分の人差し指で、自分の外側に存在するものを指さします。そして、今という瞬間に見ているものを認識します。そこにあるのは、過去の知識を使わない、今という瞬間に観ているものです。
自分ではないものを指さしした後、自分の足や手を指さします。足や手は、自分の一部ではあるけど、自分自身の本質ではありません。

3.自分を指さす

外見の次に、指を自分自身の顔に向けて、今という瞬間に観ます。自分自身を指さす時に指の先に見えているものはなんでしょうか?そこには、顔はなく、頭もありません。さらに身体すら観えません。
指の先に顔があると言った人は、過去の知識を当てはめている状態です。それは今という瞬間ではありません。過去の知識を一旦脇において、自分を指さしている今という瞬間に観えているものはなんでしょうか?

4.何もない

自分を指さしている今という瞬間に観えるのは・・・
何もありません。いくら探しても何もありません。

※この記事を読みながら実験の行うと、大部分の人が上手くいきません。なぜなら、記事の言葉を読むということは思考であり、思考は過去の知識を引き出している状態になるため、自分を指さす時に過去を観てしまうということが起きるからです。
私自身もダグラスハーディングの実験を読みながら行って失敗しており、そのため髙木さんのワークショップに参加して初めて成功しました。上手くいくためには、ワークショップにおいて指導者の下で誘導してもらう必要があります。

5.何もないとは?

何もないというのは、空虚・空っぽということではありません。これは般若心経にも出て来る「空」です。空というのは、この世界の物質や精神や活動全ての源であり、全てを生み出す空です。豊潤な無と言ってもいいかもしれません。
空は何もないから、全てを生み出すことが出来るのです。
つまり、あなたのリアルな現実とは、空であるということです。

6.身体を空にする

ここからは、堀澤祖門氏が伝えている「空感瞑想」がベースとなっています。

体験として観た空は、リアルな現実です。これを使って、自分の身体を空にするという一種の瞑想を行います。

まず、体験として観た空を想い出して、頭を空にします。そうすると、頭の境界だけが残り、頭の中は空になります。空になると、非常に落ち着いた静かな状態になります。
頭の中が空っぽになった・無くなってしまったと感じたら、それは思考が作り上げた想像の空であり、体験として観た空ではありません。
体験として観た空を想い出して、頭を空にしてください。あなたのリアルな現実として空は存在するのですから、必ずできます。

次に、首・肩・上半身と空にしていきます。上手くいっているかどうかは、自分が落ち着いた静かな状態であるかどうかで判ります。
そして、空を感じながら、腹部・下半身・足も全て空にします。
やがて、身体の境界だけが残り、身体の内側は全て空となります。
これを安定的に行えるようになるまで、何度も練習します。

7.境界を消す

安定的に、身体を空にすることが出来るようになったら、次の段階に入ります。
身体を空にする過程で、自然とこの段階に入ってしまうこともあります。

本来、空というのは境界がなく、全ては一つです。
つまり、身体の境界に実体はありません。
空本来の姿を観るために、境界を消します。

※この次で重要なのは、記事に書いてあることを信じないということです。
記事に書いてあることを知識的に理解するのではなく、自分が直接体験する事が重要であり、あなたが頼るべき真実はそれです。

8.直感的理解

すると、全てはそこにあり、静寂であり、今という瞬間に寛ぐということを体験します。
私は、全てであり、境界はなく、全ての源であるという直感的理解になります。
ここで言う私とは、個人ではなく全体性の私、ワンネスそのものである私。
分離された個人は存在していません。
今という瞬間だけが存在しています。
自分の過去を振返った時、全てが必然として起きていることが判ります。
物質・肉体・分離された個人というものが、全体である空から現れる映像であるという直感的理解が起きます。

9.安定化

直感的理解を得たら、次は安定化することが重要になります。
その為には、ワークショップ後、自分が空であるということを日常生活で感じることが重要です。常に、今と言う瞬間を生きながら、源である空を常に感じ取って行って下さい。
そして空と色独立して存在するのではなく、空があるから物質・肉体・分離された個人というものが現れて来るということです。ですから、どちらも現実であり、大切なのです。

10.エゴの抵抗

ここでは、エゴの抵抗が現れることが良くあります。
エゴを創り出したのは空ですから、エゴと戦うことは私と私が戦うことになり、勝ち目のない戦いになります。エゴの抵抗が現れたら、それを認めてあげることです。エゴは認められることで、その存在理由を満足することができるので、それを続けて行けば、やがてエゴは静かになっています。

11.やがて訪れる至福

エゴの抵抗が静まって行くと、そこに現れて来るのは、至福です。それは失うことのない、ものです。
この至福は、理由や原因を必要としない、完全な至福であり、何者にも奪うことができず、人生において何があっても無くならない至福です。
それが、あなたという存在の本質です。

テキストのコピーはできません。