広告を載せないワケ

広告を載せない

私のHPやブログには広告を載せてません。

他の同業の人達のHPやブログを見ると、広告が掲載されるサイトを使っている人も多いです。
ここで、広告を載せるのが良いとか悪いとかを言うつもりはありません。

あくまでも、書き手のポリシーとして話します。

広告を載せる理由

広告を載せる理由には、様々な理由がありますが、一番多いのが、
(1)広告掲載があるサイトを利用することで、HPやブログを無料で運営したい
だと思います。

そして、それ以外では、
(2)自分のサイトで広告収入を得たい
が多くの動機だと思います。

私が広告を載せない理由

私のHPやブログで、広告を載せない理由について、少し長くなりますが、お付き合いください。

広告収入はアクセスが多いほど上がりますが、そうなると記事の内容の正確さや良し悪しより、広告収入狙いの記事を書くことになりかねません。

以前計算したことがありますが、私のHPやブログのアクセス数からすると、広告をがっつり掲載すればプロバイダに支払っている金額以上の収入にはなるようですが、コンテンツの内容を保つためには自分で支払った方が良いと考えています。

少し前の話ですが、ユーチューバ―が、「注目されたい」もしくは「広告収入」を目的として世間を騒がす動画をアップするということが起きました。
動画の内容の良し悪しではなく、注目を浴びる=アクセス数を増やすことが目的化しています。そんな動画が、良い内容を持っているとは思えません。

ネット上には様々なHPやブログがありますが、中には明らかに注目されること=アクセス数を増やして、広告収入を上げようとしているものを、容易に見つけることができます。
そのような記事を書いている人にとっては、記事が正確で有益な内容であるかどうかは、どうでも良いことです。あくまでも、注目が集まって広告収入を得られるなら、それでいいわけです。

それに対して、私は広告を載せないことで、それらに影響されることなく、記事の内容が「正確で有益」なものでありたいと思っています。

それ故に、私のHPやブログには広告を載せていません。

書籍の紹介などにおいては、アフィリエイトを設定していることもありますが、これは紹介した書籍をどれだけの人がチェックしたり購入しているのかを見たいからであって、アフィリエイト収入が主目的ではありません。

また、TwitterやFacebookでは、必然的に広告が載ってしまうため、そちらをメインサイトにしていません。

広告を載せるかどうかは書き手の自由

広告掲載のサイトを使うかどうかは、あくまでも書き手の自由です。
広告掲載に左右されず良い記事を書いているサイトも沢山あります。

ここで書いているのは、あくまでも私自身のポリシーです。