成長は直線ではなくスパイラル

スピリチュアルな成長を続けていると、昔出会ったテーマをもう一度レベルアップした形で取り組むことになることがよくあります。

周期を持っているものを分割して表す時に、2分割、3分割、4分割と幾つものパターンに区分できるので、12は周期性があるものを表す時に良く使われます。占星術では12星座、干支では12支、暦では12カ月、時計では12時間など。

人生の基本的なテーマは大体12ぐらいに区分できて、それらのテーマをあるものは、ただ通過し、あるものは正面から向き合うということになります。そしてそれが一巡すると、また同じテーマを高い次元で取り組むことが必要になってきます。

なので、昔と同じテーマがまた出てきたとき、それは自分自身が成長しているのか、もう一度向き合うことになっているのかをチェックすることで、自分の成長を確認することができます。