引寄せの法則が、うまく働かない時

それは、引寄せたモノ(コト)を、自分という存在が、表面的にはそれを欲しているが、実は受取る価値がある人間ではないと深いところで思っているのが理由です。

スピリチュアル・カウンセリングをしていると、こういうケースに出くわすことがあります。この場合は、引寄せの法則のことよりも、自分という存在の価値を再認識することが重要になります。

そうでないと、欲しているものが、いつも目の前を通り過ぎていく人生になってしまいます。


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

コメント

  1. ikeda より:

    この日のブログで八雲さんが
    引き寄せの法則の存在を疑っていないことを知りました。
    実は私は引き寄せの方法というのに疑いを持っていました。
    人生を決めて生まれて来るのでしたら、
    何も「引き寄せようがない」のではと思ったのです。
    小さなことなら別ですが、
    (私は駐車場の確保に引き寄せをいつも使っています)
    人生の根幹にかかわるような資産や家族などは
    引き寄せ不可能ではないかと思うのです。
    それが可能なら、生まれる前に決めてきたことに
    意味がなくるような気がします。
    もし私のような疑問を持っている方がたくさんいらっしゃるようでしたら、
    よかったらご説明願えないでしょうか。

  2. 八雲 より:

    ikeda さん
    ご質問の内容については、他の人も同様かと思います。
    また、引き寄せの法則というのは、信じにくい側面(あるいは、落とし穴)が沢山ありますから、疑いを持つのももっともです。
    そのあたりの背景については、こちらのセミナーなどでお話ししています。
    冬至セミナー: 来年への想いを現実化する
    http://oyashima.way-nifty.com/blog/2011/12/post-1073.html
    日曜セミナー: 想いを現実化する 
    http://oyashima.way-nifty.com/blog/2011/12/post-47c8.html
    きちんと理解するためには、少なくとも1~2時間ぐらい話をする必要があるので、ブログで簡単に説明するのは難しいところです。
    この内容について、近いうちにシリーズで書き物にするか、あるいはチャットで対話形式にするのか、具体的にはまだ決まっていませんが、近いうちに方向性を出して、みなさんが参加できるものが出来ればと思っています。
    とりあえず、簡単に説明すると、
    人生の根幹にかかわるような資産や家族などは
    引き寄せ不可能ではないかと思うのです。
    こういった事柄は、プラットフォーム=基盤であり、スタートラインであるということです。
    人間が肉体を持つというのも、プラットフォームです。
    私の場合身長170cmですが、これを2mにしたいと思っても簡単には引き寄せはできません(不可能ではありませんが・・・)。
    なぜなら、これは人生という引き寄せの体験をするための、プラットフォーム=基盤であり、スタートラインであるため、これは変更(引き寄せ)が難しくなります。
    しかし、スタートラインであるだけであって、スタートラインからスタートする
    先の経験については、何ら縛られているわけではありません。

  3. ikeda より:

    お返事ありがとうございます。
    プラットホーム、スタートラインですね。
    しかし、そうなりますと、どこからどこまでが実現可能領域なのかが
    知りたいところとなってまいりますね。
    遠くに住んでおりますので、チャットなどでお話できたらうれしいです。
    いつも大変勉強になるブログをありがとうございます。

テキスト・画像のコピーはできません。