自由意思は存在しないのか?

現在発売中の日経サイエンス2014年10月号の記事(リンク)に、
“脳科学の進展に伴い「自由意思は存在しない」との見方が強まっている。人間が意識的に自分をコントロールしていると感じるのは幻であり,実際は無意識の心に突き動かされているという見方だ。(記事タイトル:自由意思なき世界)”
というのがあります。

人に自由意志があるのかどうかについては、スピリチュアルな見方においても、意見が分かれているのですが、現時点での私の見方としては、
『人は、あらかじめ自分の人生でどのような体験をするのかを決めてから生まれてくる』
となります。
ということは、どこに行くのか、どのような人と出会うのかもあらかじめ決めていることになります。

では自由意志は存在しないのかというと、本質的な意味において自由意志は存在しないが、自由意志と感じられる『選択肢』が存在し、選択可能であることが自由意志と感じられるということになります。この選択肢を「心のゆらぎ」と言う人もいます。

物質的存在である人間ですが、人間とは物質存在であることが真実だと思うのであれば、自由意志が存在しないということは、人生には意味がないようにすら思えてきます。

しかし、「物質的存在には実体がない(色即是空)」という真実を見極めたなら、物質的存在というのは、夢の中の世界と同じであり、私たちは共同幻想とも言える夢の中に存在しているということになります。そこでは、物質的存在であることより、夢の中で何を体験するのかということの方が重要になります。

私たちは、究極的には『ただ在る』という存在であり、何物も存在しないというのが究極的な自由であるということです。
そこから出発して、何物かが存在し、自由意思で選択できる/選択できないという体験を、人間という姿になることで行っているということです。

なので、深い意味においては、自由意志は存在しない。しかし、人間という物質的存在の体験においては、自由意志が存在するという見かけを創って、それを体験しているということになります。

スピリチュアルな目覚め/悟りの道においては、個人的な自由意志を放棄することが求められます。十分に放棄した時、深奥の『ただ在る』という究極的な自由に立ち戻れるようになるのです。


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルの論理的な説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドは沢山のサポートを得ています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。