mystic(神秘家)

自分自身を振返った時、「mystic(神秘家)」というのが、最も相応しい呼称であるように思えます。

神秘家という呼称は、色々な定義がされていますが、最も中心的な意味としては、
・物事の本質を見極めた者
という事ができます。

実際的には、まだまだという所もありますが、物事の本質を見極めようと道を進んでいるので、mystic(神秘家)に向かっているという感覚があります。

それは、スピリチュアルやノンデュアリティをも超えた所にあります。その本質に向かっているとすれば、mystic(神秘家)という呼称が最も相応しい呼称であるということになります。

スケジュール

●スピリチュアル・カウンセリング

7月20日(土)
7月21日(日)
13:00 – 18:00 溜池山王

7月22日(月)
11:00 – 19:00 錦糸町

詳細はこちらから(リンク

テキストのコピーはできません。