東京大神宮 夜参拝

最近は、夜に東京大神宮を参拝する人も多いです。

Img_5591
かつて現在のような人気が出る前は、夜の7時も過ぎると、参拝する人もめっきり減っていたのですが、最近は7時くらいでも参拝する人が途切れない状態です。

東京大神宮は、駐車場も数台分あり夜の21時までであれば対応しているので、夜参拝にもいいですね。

「神社参拝は、16時まで!」と言っている、有名な人もいますが、実際のところ、神社の夜の祀りごとや、夜の祭りも多く、東京・府中の大国魂神社の夜祭などもありますし、伊勢神宮の遷宮は深夜に行われるなど、神社の重要な祀りごとが夜遅く行われるケースも沢山あります。

なので、「神社参拝は、16時まで!」というのは、神社を深く知らない人が(残念ながら元・現役神社関係者の中にも存在します)、単なる自分の意見として言っているというのを感じます。


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。