夏至と日食の影響

今年の19年ぶりの夏至・日食の影響は既に出ているようです。
なお、症状の出方は人によって差があります。

(1)眠気・睡眠欲

寝ても、寝ても、寝足りない。
いくらでも寝ていたい。

人の意識が変化するときに、起きて活発な状態だとなかなか変化がしづらいことがよくあります。
変化するために、寝てしまう・眠らされてしまうということが起きます。

ヒーリングセッションや富士山ワークなどでよくあることです。
ヒーリングセッションに参加をすると寝落ちしてしまう。
過去の富士山ワークで、ワンボックスカーに参加者を載せて走ると、走り出したとたんにみんな寝落ちして、次の神社に付くともそもそと起き出す。
そして、次の神社に出発すると、とたんに寝落ちする。

眠たい場合の対処としては・・・
「ねる」(笑)
19年ぶりの夏至日食だと考えれば、19年に一度のことですから、夏至前後の一週間は寝て過ごすのも一つの方法です。

(2)断捨離

何か、片づけたくなる・売りたくなる。

理由はよくわからないけど、身の回りの整理を始めたりします。
私の場合は、車を売り!ます。
身の回りの片づけや整理も変化の為の準備になります。
だけど、それを行う理由を考えてみてもあまり思いつきません。

変化後の状態を変化する前には思いつかないので、理由なく片づけたくなったりします。
そんな時は、理由はともかく、片づけを始めてしまいましょう。

コメント

  1. マキ より:

    今週に入ってから、眠くて仕方ありません…。素直に従って、たくさん寝ます!

  2. uruwashi より:

    やけに眠れると思ったら、夏至と日食の影響だったのですね
    わたしもただただ寝ます!

    いつも情報ありがとうございます

  3. 八雲 より:

    > マキさん
    > uruwashiさん

    夏至と日食で眠い時は、寝るのが一番ですね(^_^)

テキストのコピーはできません。