疫病退散の守り神アマビエのおみくじ/御朱印

3月ごろから話題だったそうですが、最近知りました(;^ω^)

画像は京都大学貴重資料デジタルアーカイブ(リンク)から引用:

肥後国海中江毎夜光物出ル 所之役人行見ると づの如く者現ス 私ハ海中二住アマビヱト申者也 當年より六ヶ年之間 諸国豊作也 併病流行 早々私シ写シ人々二見せ候得と申て 海中へ入けり 右ハ写し役人より江戸江申来ル写也
弘化三年四月中旬
肥後国(熊本県)の海中に毎夜光り物が出たため 役人が行って見たところ 図のような者が出現した
私は海中に住むアマビエと申します 今年より六年間は豊作だが 病も流行る 私の姿を写して人々に見せよ と言って海に帰った
1847年4月中旬

姿を写した絵を見せることで、病が収まるということを言って海に戻ったので、疫病退散の守り神とされています。

最近の新型コロナウィルスの疫病退散の祈りを込めて、あちこちの神社でアマビエのおみくじや御朱印があります。

テキストのコピーはできません。