ユニクロのエアリズムマスク (6/20追記)

ユニクロが機能性肌着「エアリズム」の素材を使った洗えるマスクを発売すると発表しました。

高性能フィルターで飛沫をブロック。
なめらかな肌ざわり。
洗えるエアリズムマスク新登場。

となっており、洗えるというところがポイントです。
夏用の涼しいマスクとは謳っていません。

説明書きを良く見ると、

細菌や花粉などの粒子を、
99%*カットするフィルター。
飛沫拡散を抑え、細かい粒子をブロック。
※BFE99%、花粉ろ過99%カットのフィルターを採用。
となっています。

BFEのテストは、試験機関:一般財団法人カケンテストセンターとなっているので、BFEの性能は確かですね。

しかし、機能試験は、BFEのみで、PFEやVFEは試験されていません。

こちらの記事で、性能表示が重要であることを書いていますが、 最近はマスクを選んで買うことが出来るようになってきたの...

ということは、細菌や花粉はカットできますが、ウィルス飛沫特にマイクロ飛沫はカットできないということです。

花粉、細菌、ウィルスのそれぞれのサイズは、

花粉:30㎛
細菌:3㎛
ウィルス:0.1㎛

※㎛(マイクロメートル):100万分の1メートル

となっているので、BFEのみの場合、花粉や細菌はカットできるが、ウィルスやウィルスのマイクロ飛沫は通り抜けてしまうということです。

ただし、ウィルス飛沫には様々な大きさがあり、0.1㎛から5㎛まで大きさにばらつきがあるので、まったく効果がないということではありません。
また、マイクロ飛沫による感染ついては現時点でも議論があり確定的な結論が出ていません。

ユニクロとしては、ウィルス飛沫には様々な大きさがあることを踏まえ、実用衣料品メーカーとして繰り返し洗えるということを重視した結果としてこのような仕様になっていると思われます。

なので、ユーザー側がその点を判断して使うことが重要ですね。

【リンク】
エアリズムマスク
https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/feature/airism-mask/

(6/19 追記)

まいどなニュース 関西発、読んで納得の情報を発信します!
「エアリズムマスク」販売開始で大行列 オンラインもアクセス殺到で閲覧できず
https://maidonanews.jp/article/13471010

販売開始で大行列。
ユニクロのマスクというブランドでマスクを選んでいるのか、それとも着け心地で選んでいるのかはわかりませんが・・・
内容を良く見れば、それほど大騒ぎするほどの性能のマスクではないのに、やはりユニクロというブランドの力でしょうか?

テキストのコピーはできません。