目覚めの階段を一歩登るために

目覚めの階段を一歩登るために必要なのは、「良い環境を整えること」ではない。

自分の身に降りかかっている状況が、最善であろうが最悪であろうが、どちらでも目覚めの階段を一歩登ることができる。

最悪な状況が、階段を登るための後押しになることも多い。

目覚めの階段を上るために、良い状況というものも悪い状況というものもない。

自分の意志が階段を登ろうとするかどうかが鍵である。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

コメント

  1. nao より:

    「最悪の事象が降りかかって来た」
    という過去の感情と不安に捉われ視野がぐっと狭くなり、そのことばかり考えてしまっていましたが、八雲さんの言葉を始め昨日は様々な方から多くのメッセージを受け取りました。
    まるで用意されていたかのように、今必要な言葉ばかりが入って来て驚きと共に感謝です。
    ありがとうございます。

  2. 八雲 より:

    > nao さん
    記事を書くときに、予め考えて書くのではなく、いつも直感的に「これを書こう」として書いているので、読み手の状況とリンクするというのは、よくあります。
    なので、読み手の状況が無意識的に伝わって、読み手に必要なことを私が書くというということが起きることになります。

テキスト・画像のコピーはできません。