正反対の結果はどちらが正しい? [4/11 更新]

4/11 末尾に追記

信頼のできるスピリチュアル・カウンセラーが、それぞれ正反対のことを言っていることがあります。

私のカウンセリングでも、そういった相談を受けることがあります。
そんな場合、どのように考えれば良いのかを、実際に在った話をベースに(プライバシーに配慮して)書きます。

クライアントさんが交際相手について、信頼できるスピリチュアル・カウンセラーAさん、Bさんに聞いたら、

Aさん:良いお相手だからOK
Bさん:大変な思いをするからNG

となりました。

Aさん、Bさんはどちらも信頼できるスピリチュアル・カウンセラーなのですが、正反対の結果になりました。

信頼できる二人の回答が正反対なので、どう解釈したらいいのかを求めてカウンセリングに来られました。

どちらが正しいのでしょうか?
あるいは、どう解釈したらいいのでしょうか?
コメントでお願いします。

結果は後ほど書きます。


4/11 追記

あぐさん
Sumieさん
まもるさん
コメントありがとうございます。

カウンセラーの視点/主観の違いということですが、まさにその通りですね。

Aさん:良いお相手だからOK
Aさんは、二人の過去生も含めた相性を中心に見ています。
多少の波乱はあっても、相性がいいと収まるところに収まるので、良いお相手だということになります。

Bさん:大変な思いをするからNG
Bさんは、自分自身の経験として大変な思いをしており、この二人の間に起きる波乱に耐えられるかどうかを見ています。

相談者とそのお相手は、付き合うけれども二人の間に起きた波乱によって一度分かれることになります。しかし、その後再度付き合うことになって、やがて入籍するという結果になりました。

カウンセラーの個性として、
(1)長期的な見方で解答する人
(2)今目の前の問題を見て解答する人
があり、片方の視点のみが正しいということはなく、どちらの視点も正しいです。

大切なのは、相談者が今どちらの視点(長期か今か)を重視しているのかということなので、カウンセラーもその点をきちんと見極めて解答することが必要ですね。


この記事を書いた人について[1/25更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/44006#i

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

コメント

  1. あぐ より:

    こんにちは。
    私も同じようなことがあり、「なんでだろう」と、思い返しては考えることがあります。

    視ている視点(立ち位置)が違うから。

    ではないのかな?と思いました。

    現世的に考えると辛い経験をするとしても、魂レベル?で考えると、

    それも「経験」なので、良いこと。

    となるから、なのではないかと思いました。

  2. sumie より:

    視点が異なっているということなのではないでしょうか。
    正しいかという意味ではどちらも正しい。
    質問者さんがこの先この交際相手の方とどうしていきたいか、そもそも交際相手の方とのこの質問がどういう理由で出てきたのか、相性を聞くだけでいいのか等、質問者さんの気持ちを深める必要があるように感じました。

  3. まもる より:

    同じく視点の違いカウンセラーさんの主観の違いだと思います。

テキストのコピーはできません。