ポジティブな観念とネガティブな観念が現実を創っている

宇宙の法則の一つに、「観念(あるいは、世界観、想念とも)が、物質的な現実を創っている」というのがあります。

この観念を大きく分けると、ポジティブな観念とネガティブな観念に分けることができ、ポジティブな観念は、「この世界は無限の可能性があるので、変えることができる」と思っているのに対して、ネガティブな観念は、「この世界は有限であり、制限があるので、変えることができない」と思っています。

ポジティブな観念とネガティブな観念は、どちらか一方のみを持っているのではなく、観念の対象ごと(人、肉体、相手、社会など)に、両方の観念をミックスして持っているのが普通です。

自分自身の可能性を開きたいと思うのであれば、ネガティブな観念は少ないほど可能性を開けてくれます。
人生を楽しんでいる人ほど、ポジティブな観念を沢山持っています。人生を楽しめない人ほど、ネガティブな観念を沢山持っています。

観念の対象ごとに、ポジティブな観念とネガティブな観念のどちらを持つのかは、あなたの自由です。これはいつでも変更することができます。

自分らしく生きようとするとき、障壁が目の前に現れることがあります。この障壁は、実は自分がどのような観念を持っているのかを見せてくれています。なので、障壁を見つけたときは、それを単なる障壁と捉えるのではなく、自分がどのような観念を持っているのかをチェックし、変更できるチャンスであるということです。
その観念を見つめて、それがネガティブなものであれば、それに替わるポジティブな観念に切り替えていくことが自分らしく生きるためにあなたが出来ることです。

テキストのコピーはできません。