災害はなぜ起きるのか (改訂版)

我々は、元々居た世界である「空の世界」ではできない体験を求めて、自分の中の人の部分ではなく、神の部分が物質的世界に降り立っ事を決めました。そうして、我々は、この物資的世界に居るわけです。

自分の中の神の立場から見ると、元居た世界、本来の自分を簡単に思い出すことができるようでは、この物資的世界の体験としては、薄い体験になってしまいます。そのため、元の世界を簡単に思い出すことができないようにする枠組みがいくつか存在しています。

その枠組みの一つが災害です。

IMG_0503

災害というのは、物質的な体験ですが、物質的な体験が真実であるように思えることが、元の「空の世界」ではできなかった体験をするためには必要なことです。
なので、災害という物質的な体験というのは、この三次元世界が如何にも真実であるかのように思えるための枠組みとして存在しているわけです。

災害が、簡単に予想できて避けることが出来てしまうと、物質的な世界が現実ではないことに簡単に気が付いてしまいます。そのため、災害というのは、我々が予想を超えた、タイミング・場所・起き方で発生します。まさに、災害は忘れた頃にやってくるということです。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。(対面は近日中に再開の予定)
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

8月 Zoomスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomに…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。