山倉大神への奉納物は、大部分が江戸/東京の講

山倉大神(リンク)の境内で奉納物を見ていると、大部分が江戸/東京の講によるもので、当時はかなり人気があったことがうかがえます。

江戸から昭和初期だと庶民は徒歩で行く時代ですが、江戸から山倉までは徒歩で約17時間(休憩含まず)と遠く、日帰りは当然無理なので、どうやって講の人たちは参拝に行ったのか?

どうやって参拝に行ったのかを調べているところですが、江戸時代や昭和初期までの街道/道路事情や交通機関などについて書かれている本は現在ではなかなか見つからないので、ひとまずこちらの本を買ってみました。

歴史的な経緯も含めて、千葉の成り立ちについて書かれており、かつての交通・物流の中心であった河川の状況などについても記述されているので、まずはこちらの本がとっかかりになります。

書 名 : 千葉のトリセツ
出版社 : 昭文社
発売日 : 2019/12/16
価 格  : 1,540円
ISBN-10 : ‎ 4398148027
ISBN-13 : 978-4398148025
Amazon : https://amzn.to/3ygFgdB


この記事を書いた人について[1/25更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/44006#i

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキストのコピーはできません。