スピリチュアルな目覚め(悟り)

前の記事では、『スピリチュアルな目覚め(悟り)』という表現を使い、「悟り」という言葉を単独で使わないようにしていますが、これは今後もそのような使い方が主になります。ただ、表現として悟りという言い方の方がふさわしい場合は、悟りという言い方を使うこともありますが、『スピリチュアルな目覚め』という表現の方が説明しやすいので、今後もこちらを主に使って行きます。

「悟り」という言葉は、長年色々な人が色々な概念で語って来たため、本来の悟りではない悟りの意味合いで理解している人も多いです。
本来の悟りの経験を一度でもすると、思考や知識で理解していた(と思い込んでいる)悟りと本来の悟りは、全く異なった経験であることが分ります。

本来の悟りとは、物質的な世界を現実と思い込んでいること、私という肉体を持った個人があると思い込んでいることは、全て夢の世界であることを理解することです。それ故に、それに気づくことを、『スピリチュアルな目覚め』という表現を使っています。


この記事を書いた人について[1/25更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/44006#i

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。