ブラウザ統計

どんなブラウザを使ってアクセスしているのかを統計してみました。

ブラウザ統計

統計期間:2003-11-01~2004-2-18

アクセス数でソート
ブラウザ
バージョン
OS
バージョン
アクセス数
累積
累積比率
MSIE 6.x Windows NT
149983
149983
50%
MSIE 6.x Windows 9x
63584
213567
71%
MSIE 5.x Windows 9x
27725
241292
80%
MSIE 5.x Macintosh PPC
26960
268252
89%
MSIE 5.x Windows NT
10695
278947
93%
Safari   Macintosh PPC
3004
281951
94%
Mozilla 5.x Windows 9x
2101
284052
94%
Mozilla 5.x Windows NT
1972
286024
95%
MSIE 4.x Windows 9x
1627
287651
96%
Opera 7.x Windows 9x
1511
289162
96%
Opera 7.x Windows NT
829
289991
96%
Mozilla 4.x Macintosh  
611
290602
97%
MSIE 4.x Macintosh PPC
476
291078
97%
Others      
9716
300794
100%
             
ブラウザ、OSで区分  
ブラウザ
バージョン
OS
バージョン
アクセス数
小計
比率
MSIE 4.x Windows 9x
1627
 
 
MSIE 5.x Windows 9x
27725
 
 
MSIE 6.x Windows 9x
63584
 
 
MSIE 5.x Windows NT
10695
 
 
MSIE 6.x Windows NT
149983
253614
84%
MSIE 4.x Macintosh PPC
476
 
 
MSIE 5.x Macintosh PPC
26960
27436
9%
Mozilla 5.x Windows 9x
2101
 
 
Mozilla 5.x Windows NT
1972
4073
1%
Mozilla 4.x Macintosh  
611
611
0%
Opera 7.x Windows 9x
1511
 
 
Opera 7.x Windows NT
829
2340
1%
Safari   Macintosh PPC
3004
3004
1%
Others      
9716
9716
3%

結果は、

(1)一番使われているブラウザ
Microsoft Internet Explorer 6.x = 71%

(2)カバー率
Microsoft Internet Explorer (Windows + Mac) = 93%

ということで、Microsoft Internet Explorer圧勝。他は7%を分け合っていてせいぜい1%程度になってしまうので、その他大勢ならぬ、その他小勢(?)ですね。
ホームページを製作する側としては、ターゲットブラウザが絞られるので、楽にはなりますが、ブラウザ間の競争による切磋琢磨による機能・性能向上が働かなくなってしまっているところは良くないポイントですね。